人気ブログランキング |

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

毎日よく降りますね。これほど降るのは66年の人生でも初めてのような気がします。先週も平日殆ど雨だったと記憶します。我が松戸市でも一部で避難勧告が出たようです。私も昨日からずっと江戸川の推移をチェックしていました。漸く雨は止みましたが、水位はまだ上がっています。午後8時現在5.25Mと氾濫注意基準の5.7Mに近づいており、楽観は許されません。我が家はマンションの2階で江戸川からもそこそこ離れていますので、特に動きようはないですが。

お蔭でここ二三日読書三昧です。芥川賞のもう一つの作品、羽田圭介の「スクラップアンドビルト」を読み終え、今は友人に勧められたT.セドラチェク「善と悪の経済学」と足立巻一「やちまた」を読んでいます。新しい月刊文春も届きましたから、読む物には事欠きません。

羽田氏の作品はまあまあ読ませますが、主人公の心根が今一つ良く判らず、あまり溶け込めません。主人公の立場と考え方のギャップにも違和感があります。若い人の老人や介護への考え方はこんなものなんでしょうか。熱心な介護は却って年寄りの体力や気力を損なう、という考えだと、多少虐待気味の扱いの方が良いような錯覚に陥ります。私もこの一年、必要に迫られ介護の現場を見てきましたが、介護士の方々は主人公が思うより遥かに真面目にやっています。それは、単に親切で至れり尽くせりなのではなく、被介護者を自立させるため、心鬼にして?手助けせず見守るだけというケースも多いです。主人公に言わせれば、老人を老い込ませず、弱者を鍛えるため為、敢えて電車の優先席に率先して座るのでしょう。私には自己正当化が得意な自己中の人の考え方としか思えません。何となくどこかの首相も似ているように思います。

「善と悪の・・」は高校の同期会で友人が進めてくれた本です。最近はめったに読む機会のない経済書なので遅々として進みませんが、人間を生産要素の一つとしてのみ考える最近の経済学に疑問を感じていた身には、興味深い内容です。

「やちまた」は本居宣長の嫡子春庭(はるにわ)の伝記。私が三重の松阪出身であるのを知っている友人が勧めてくれました。30代で盲目となった春庭ですが、刻苦勉励して日本語の文法を研究し、活用を纏め上げた人です。父宣長と比べ全く無名ながら、その業績は勝るとも劣らない様で、ちょっと伊藤仁斎の嫡男で大学者の東涯と似ている感もあります。