人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 選抜高校野球が始まりました。校歌を高校の時の音楽の先生が作ったということで応援している福知山成美は快勝。甲子園の空に格調高く且つ爽やかな校歌が流れました。もう一つ応援している三重高は智弁学園に完敗。初球から積極的に打っていく外連味のない野球でしたが、流石に打力で上回る智弁には通じませんでした。去年の夏もそうでしたが、やや打力偏重の弊害か、簡単に点を与えすぎるようです。三重高は従兄弟が教頭をしていたこともあり、私の本籍地でもあるので、思い入れは強いのですが、今回は残念でした。

 大学時代から45年の付き合いで、小さな出版社をやっている友人が本を出しました。大学時代軽音楽クラブの1年後輩で、昭和4,50年代のヒット曲に関するエッセイを、数年前からマイナーな雑誌に掲載していたのですが、その内の30回分を新書1冊に纏めたものです。上梓に当たっては私もわずかながら編集のお手伝いをしましたが、果たして売れるでしょうか。大きな出版社発行ではないから、あまり本屋の店頭には並ばないでしょうね。「遠くの空に消えたのさ~私的昭和大衆歌謡考」堀井六郎著、グスコー出版、800円+税です。興味のある方は御一報下さい。あの頃に青春時代を過ごした方なら絶対に楽しめる本です。索引も充実しており、索引だけでも2時間は楽しめます。

 待望久しかった白川静の「字通」普及版が漸く発刊され、早速買いました。実に良い本なのですが、机上版は大きく重くしかも2万円以上と高価で、とても買う勇気が出ず、図書館で閲覧するのみでした。普及版はそれでも1万円+税と馬鹿になりませんが、机上版が古書店でも2万円弱していたのから比べると、実に有難く感じます。

 テレビ番組改編期で、「笑っていいとも」が来週月曜で終わるそうです。昼の番組でサラリーマン時代は殆ど見る機会がありませんでしたが、リタイヤしてからは昼家にいる時は大抵これを見ていました。タモリの軽妙な司会と、曜日変わりで出る旬のレギュラータレント達の色んな企画が結構面白く、楽しめました(中には外れの企画も多かったですが)。このところテレフォンショッキングのゲストも豪華で、最終来週月曜には遂に吉永小百合が出るとか。各曜日のレギュラー陣は大体良いのですが、どの曜日も私の好きになれないタレントが必ずと言っていい程いました。太田光やSMAPの中居等です。釣瓶も今更出る必要はなさそうです。ここひと月ほどはとんねるずとナイナイの岡村が無理矢理出てきて掻き回すので、これも相当白けました。普段通り淡々とこなすのがマンネリ番組の偉大さなんですが、その点が残念です。

 今年も例年通り3月上旬からくしゃみ、鼻水、目のかゆみが酷くなり、耳鼻科で薬を貰っています。今月一杯位は続きそうです。

 日経「私の履歴書」の今月分東芝相談役の話は、偉い方なんでしょうが本当につまらない。1月の小澤さんが最高に面白く、2月の先代猿之助もまあまあだっただけに、今月の詰まらなさが際立ちます。多分サラリーマン社長の履歴書はどれも大同小異なのでしょう。私のようにサラリーマンとして大成しなかった人間の人生は勿論もっと詰まらないのでしょうが、恐れながらそれと本質的に変わらないのです。
「早朝友の会」と言っても知る人ぞ知るですが、フジテレビの日曜6:30からやっている「早く起きた朝は」というのが正式の番組名。30分の番組で、磯野貴理子、松居直美、森尾由美の三人のおばさん?達が、視聴者からの不平・不満・愚痴等の投稿をネタに、トークをするという長寿番組です。これに採用されると、友の会の会員証とマグカップやTシャツなどが貰えます。3/2の放送で私の投稿が採用された次第です。内容は「女房との家事の分担」についてでしたが、多分去年11月頃に初めて投稿したもので、とっくにボツだろうと諦めていたのですが、何と一昨日放送されたのです。往年のアイドル森尾さんが読んでくれました。ビデオに撮ってあったのを昨夜見ていて女房が最初に気付きました。今日会員証No1605や景品も送られてきました。ペンネームは勿論なかやんです。先月「昼オビ」のスタジオで聴衆として参加した時は、2,3人気付いて連絡をくれましたが、今回は朝早い番組だしペンネームなので、流石に気付いてくれた方はいなかったようです。