人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

毎年7月のこの時期に久喜の菖蒲池公園で所属する走友会の夏季強化練習会を行っています。

今年の参加者は23名。基本は9時から12時まで、1周2.5Kのコースを周回しますが、早い人は朝7時頃から40K以上走っています。私は速く走れないので6周15K走りました。この菖蒲池公園の良いところは、コースの半分以上が緑陰になっていることで、この暑い最中でも何とか熱中症にならずに走れます。勿論、給水ポイントを1か所設けていて、1周か2周するごとに水分や塩分を補給しています。皆無事に目標距離をこなしました。

ランの後は近くの温泉で汗を流し、駅前の居酒屋で打ち上げ。各自秋からのシーズンに向けた抱負や近況報告も間に入れて、大いに盛り上がりました。飲み会の後は有志がカラオケに行きましたが、有志と言っても15,6人いましたから大半ですね。当初2時間の予定を1時間延長しましたが、私が歌ったのは3曲だけでした。帰りは大きく乗り過ごすことなく、9時頃まずまず無事に帰宅しました。
東電福島で震災当時所長を務めていた吉田所長が亡くなったそうです。誠にお気の毒なことで、心からご冥福を祈ります。

今回の原発事故を起こした側の人ではありますが、事故発生直後の現場リーダーとしての吉田氏の活躍がなければ、日本は今以上に悲惨な状況になっていたでしょう。今夜のニュースでの扱いに注目していましたが、9時のNHK,報道ステーション、ニュースゼロ、を見た中では報道ステーションが断トツでした。NHKは自転車事故の話題がトップニュースで、それも大事な話題ですが、如何にも機動力の無さが残念ですし、ゼロは番組半ばで殆どまともなコメントもなく紹介しただけ。村尾氏のジャーナリストとしての資質に疑問を感じます。報道ステーションはトップで扱い、氏にインタビューした内容を本にしたジャーナリストをゲストに呼んで、かなり詳しく報道しました。東電の「病気と事故との関係は殆どない。」や東電社長の「東電らしくない人物で好きだった。ユーモアもある人だった。」等の余りに気楽なコメントには、改めて東電の変わらない体質への怒りを覚えます。

相撲は3日目の今日稀勢の里に土が付き、横綱昇進が厳しい状況になったとの報道が多いですが、そもそも二場所連続優勝、またはそれに準ずる成績が求められる中で、まだ一度も優勝していない稀勢の里の綱取り場所と煽るのは、不思議千万も良いところです。大関昇進の時も星一つ不足で無理矢理大関に上げた経緯もあり、まだまだ横綱に相応しい心・技が備わっていないことは歴然としています。
相変わらず忙しくしています。なかなか日記を書く余裕がありません。
先週末京都に行き充実した3日間を過ごしました。

金曜夜は中学高校以来50年近い付き合いの友人と河原町の料理屋で会食。弁護士と言う職業柄物知りの友人の薀蓄話を聴きながら、旨い料理で酒を飲むという、充実のひと時でした。

土曜は朝から丸一日南座で長唄杵勝会の全国大会鑑賞しました。京都検定同期の友人が三味線の師範で、大会で演奏されるためです。友人の出番は最初の合同演奏だけで、その後は半ば素人の発表会なのですが、花街の芸舞妓さんの演奏や名取のコシノヒロコさんの演奏もあって、華やかで楽しめました。最後の1時間はプロのお師匠さん方の演奏で、流石に素晴らしいものでした。中でも人間国宝である囃子方の堅田喜三久さんの演奏は見事なものでした。

翌日曜は勤務していた会社の同期と半日の京都小旅行。城南宮で夏越の祓の茅の輪潜りをし、藤森神社の紫陽花を見、伏見の魚三楼の花篭弁当で昼食、御香宮、勧修寺を観て京都に戻り、鍵善良房で葛きり、夕方新幹線で二人で飲みながら帰りました。藤森神社の紫陽花は今一つでしたが、勧修寺の紫陽花や半夏生、蓮等は美しくなかなかのものでした。