<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人気歌手バタやんこと田端義夫さんが4/25に94歳で亡くなりました。彼の「帰り船」や「大利根月夜」が大好きで、カラオケでもよく歌っていたので残念です。

昨日夕方NHKで追悼番組をやっていて、後半部分を観ましたが、どの曲も良い曲で改めてバタやんの歌の素晴らしさを見直しました。決して美声とは言えませんが、しみじみと心に響く歌で、三橋、三波、村田、春日、等演歌の大御所たちとはまた違った独特の味わいがありました。

5/4の日経「喪友記」欄にペギー葉山が追悼文を書いていて少し驚きました。ペギーはJポップスのはしりと言って良いバタ臭い歌手で、演歌のバタやんとは何となく合わないと思っていました。日本歌手協会の仕事で親しくなり、後にはペギーがリサイタルにも来てもらったそうです。ペギーも「南国土佐」を大ヒットさせた歌手ですから、やはり演歌の心も判るのでしょう。心が温まるとても良いエピソードでした。

私はバタやんの「帰り船」の「波の背の背に揺られて揺れて」の対句のような歌詞が特に好きです。戦後大阪駅で復員兵が家族と再会している時にこの曲が流れていて、バタやんは歌手になって良かったと思ったそうです。戦前に歌った「梅と兵隊」という歌は昨日のNHK番組で初めて知りましたが、やはり良い曲でした。戦後自分で見出した奄美の「島育ち」や、沖縄の「十九の春」も良く聞けば切なく良い曲です。こんなバタやんが紅白には2回しか出ていないとは驚きました。紅白がつまらなくなるはずで、毎年夏にやる「懐かしのメロディー」?の方が余程楽しいのは歳のせいでしょうか。どうせ若い人は大晦日に紅白等見ないのだから、年配者向けに方向転換した方が良いと思います。

この項を書くのにウイキペディアを見ていたら、何とバタやんが私と同じ三重県松阪の出身であることを知りました。何となく身近に感じていたのはそのせいなのでしょうか。本居宣長や小津安二郎と並んで私の同郷出身の偉人です。
[PR]
by nakayanh | 2013-05-07 17:44 | 音楽
今日でGW終了です。リタイヤ組にはGWはあまり関係なく、極力静かに
ひっそりしているに限ります。

前半は大阪でのコンサートリハと本番、京都での読書会等で過ぎ、後半は
身重の長女と孫が来てバタバタと過ぎました。長女は8月出産予定ですが、
もう結構苦しそうです。孫は明日3歳。いろいろ我儘も覚えてすっかり悪く
なってます。何でも言うことを聴いてくれるおばあちゃんが大好きで、私
は殆どシカトされています。

昨日の子供の日は義父の13回忌で、義母と親戚併せて11人が集まり、
都内の菩提寺で供養の後、ホテルの中華料理を食べました。うちの孫と
1歳と少し上(学年は2年上)の子は幼稚園の年中で、普段は活発で乱暴
ですあ、お寺でお経を聴いている間は大人しくしていました。うちの孫の
騒がしさとえらい違いで、集団生活を経験する大切さが良く判りました。

娘たちは今週一杯いる予定なので、元の生活に戻るのは来週からです。

昨日の国民栄誉賞はニュースで見ただけですが、長島さんは遅過ぎる
感はあるものの当然として、松井選手の受賞はやはり違和感があります。
勿論松井選手は大好きで、その人間性も高く評価しますが、国民栄誉賞
となると、他にも該当者がいるように思います。主権回復の日同様、政治
利用感が強く、ナベツネの影がちらつくのも鬱陶しい限り。松井選手を
取り込むにはこの手が一番有効だったこともあるのでしょう。個人的には
ますます巨人離れが進みます。
[PR]
大阪阿倍野区のブラスバンドの第9回スプリングコンサートが4/29に
終了しました。これまでは3月後半か四月前半に開いていたのですが、
会場が予約出来ず、初めてGWの開催となったものです。毎年のこと
だから次の年の日程を予約できれば良いのですが、如何にも区民ホール
らしい悪平等というか気の利かなさで、3か月前に抽選なのです。

しかし結果オーライで、会場は初めて超満員の大盛況でした。550部
用意したプログラムも足りなくなり、立ち見のお客様も相当いらっしゃい
ました。この不手際は来年以降の大きな反省材料です。

演奏はまずまず。例によってブラバン用のオリジナル曲から、マーチ、
日本の叙情歌、ビートルズメドレー、ディズニーメドレー、ミュージカル
レミゼラブルの「夢破れて」等々幅広く、アンコール曲は「女々しくて」
(踊り付)と「明日があるさ」。演奏していて楽しい曲が多かったですが、
個人的に好きなのは「ラデツキー行進曲」と「森のくまさん、スーザに
出会った」というマーチでした。前者は有名なJ.シュトラウスの名曲で
マーチなのにウイーンの優雅さが感じられます。後者はスーザのマーチの
数々を、「森のくまさん」を絡めてアレンジしたもので、なかなか見事な
編曲だと思います。40年以上前の私の中高時代は男子校でもあってか、
演奏の大半はスーザ等のマーチでした。

個人的には今回はやや練習不足でいまいち自信を持って演奏に臨め
なかったのが残念ですが、最後の2週間個人練習をかなりやり、前日の
ゲネプロや当日のリハーサルも気持ちを集中してやったので、本番は
まあまあだったかなと思います。来年はもう少し曲に馴染んで臨みたい
と思います。
[PR]
by nakayanh | 2013-05-04 20:22 | 音楽