<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

佐々木七恵さんと並んで日本の女子マラソンの草分けともいえる増田明美
さんは、今は陸上の解説や俳句の世界その他で大活躍をされています。
産経新聞にも「思ふことあり」というコラムを書いておられます。

彼女の最近のマラソンの解説は以前と比べ、選手の性格や趣味や家庭環境
など、取材の豊富さには感心させられるものの、勝負に対する正確で鋭い
解説に乏しく、正直言ってがっかりすることが多くあります。ロンドン
五輪でも、カーブの多いコースだから日本人女子も十分メダルが狙える、
等と実に的外れな解説をしていました。有森さんや千葉さんの方がずっと
まともな意見を言っていて、もう増田さんには御用解説しか無理かなと
思っていました。

しかし、今日の産経のコラムでは久々に鋭いコメントで感心しました。
ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授のマラソン好きに関連付けた内容の
コメントです。

それによれば、今の日本は第二次ランニングブームで、文化になりつつ
あるそうです。第一次ブームは1979年に来日したJ.カーター米大統領が
皇居近辺でランニングをして話題になったあたりだそうです。欧米は
フィットネス志向が強く、自己管理面でランニングが必要なのに対し、
日本はまだダイエット志向である点が大きな違いである点など分析、
フルマラソン完走者の女子率は米国の4割に対し、日本はまだ2割と、
まだ女子が出遅れていること、世界経済フォーラム発表の「男女格差が
少ない国」で日本は101位/135か国と主要国中最低、その要因として
マラソン大会での女性目線の不足を挙げています。なかなか内容豊富で
問題意識の高い、鋭いコメントで久々に真の増田さんの実力を見た気が
しました。
日本の将来を見据えて、圧倒的な大ニュースは石原新党なのでしょうが、
個人的にはプロ野球のドラフト会議の方が遥かに興味がありました。

流石に9時のNHKも、10時の古館も、石原さんの新党関連がトップ
ニュースでした。今日のニュースで聞いた限り、石原さんのコメントは
尖閣を覗いては私には至極まともで、賛同できるのですが、石原さんが
共産その他を生理的に合わないと言うのと同様、私も石原さんは生理的に
受け付けられません。立ち上がれの平沼さん等と一緒では猶一層です。


それよりドラフト会議です。メジャー行き宣言した大谷投手は立派だし、
敢えてその大谷投手を指名した日ハムも立派です。「本人の意思を尊重
してやりたい」と言った加藤コミッショナーは、自分の立場が判っている
のかと唖然とします。日本のプロ野球は益々地盤沈下するでしょう。
それ程日本のプロ野球は高校生にとって魅力がないという現実を、コミ
ッショナーが全く自覚していないのですから、お先は真っ暗です。

菅野投手は念願かなって巨人入りするようですが、これで少なくとも私は
一生巨人を応援することはありません。日本で野球をやりたいけど、巨人
以外は嫌、等と幼稚園並みの我儘さです。それを助長する原一家もお粗末
というしかありません。巨人が日本プロ野球を滅ぼしていくのでしょう。
その菅野を指名すると言っていたDeNAの中畑は飛んだ茶番でした。
監督として日ハム栗山の足許にも及ばないのは、シーズン中だけでは
なさそうです。

中日が慶応の福谷投手、愛工大名電の浜田投手を1,2位指名したのは、
中日ファンの友人きとちゃんの推察通りで流石の情報力です!心配は
若手投手を上手く育てる権藤コーチが退団することで、ピッチングには
素人同然で、感情がすぐ表に出る高木監督では無理でしょうし、権藤の
後任の今中は高木のイエスマンでしょうから、やはり無理でしょう。

体があまり大きくない東浜は度胸とコントロールが売りですが、どれだけ
プロで通用するでしょうか。斉藤祐ちゃんのような勘違いをしない様
祈ります。阪神1位の大阪桐蔭藤波投手は、事前の態度も立派でしたし、
結果的に一番望ましいところに決まったのは人徳の故でしょうか。阪神
得意のファンによる贔屓の引き倒しにならない様、逸材を長い目で育てて
ほしいものです。今季なすすべなく5位に甘んじた和田監督の手腕も心配
です。
10月22日の時代祭、鞍馬の火祭を見てきました。時代祭は2度目です。
京都に関係の深い人物の扮装をした行列が、20列2千人時代を遡る形で
延々と続きます。12時に先頭の維新勤皇隊列が御所を出発して2時間半
余りかけて平安神宮に到着。京都三大祭一つですが、祇園祭や葵祭に
比べて歴史は浅く、平安遷都1100年を記念して造られた平安神宮の
お祭りとして始まったものです。

御池通で観ましたが、最近にしては暑い日で、2時間立って観ているのは
結構疲れました。祇園祭山鉾巡行と違い、維新官軍の他は殆ど音もなく、
やや地味ですが、それなりに楽しめます。

鞍馬の火祭は同じ日の夜に行われる京都三大奇祭の一つで、夕方1時間
近く並んで出町柳から叡山鉄道で鞍馬まで約30分。日は暮れ既に駅前は
見物客でごった返しています。警察が完全に鞍馬街道を仕切り、一方通行
しか出来ません。その観客の間をロケットのような大松明を抱えた褌姿の
人達が「サイレイヤ、サイリョウ」と叫びながら行き交います。道の途中
篝火も所々焚かれ、火花が観客にも落ちてきてなかなかの迫力でした。
最後は由岐神社の石段のところに松明が集まり、クライマックスになるの
でしょうが、それを観たらいつ帰れるか判らないので、一方通行の列が
駅に戻ってきたところで鞍馬を後にしました。多分さわりを観ただけなの
でしょう。

前日には嵯峨の野宮神社の斎宮行列や清凉寺の念仏大狂言を見物し、
忙しくも充実した小旅行でした。
by nakayanh | 2012-10-24 21:53 | 京都
料理を作る才能は全くないと思っていますし、苦労の割に食べるのは
あっという間だし、後片付けも面倒だし、これまで殆ど台所に足を踏み
入れたことはありませんでした。単身生活計六年でも乾麺を茹でたのと
朝食用のサンドイッチを作った位でしょうか。米を炊いたのは10回も
ないでしょう。

それが夏頃から少し目覚めてきました。女房が時々大阪の娘や孫を見に
行ったり、テニス仲間と旅行をしたりで、一人になる機会があり、今迄
外食かインスタント食品だったのですが、何故か酒の肴位作ってやろうと
いう気になりました。毎朝、日テレで速水もこみちがいとも簡単に料理を
作るのも影響しているでしょう。女房が普段作ってくれないものや、自分
好みのものを幾つか作りました。

作品を列記しますと、海老がごろごろ入った炒飯(XO醤を使ったので
なかなかの出来でした)、香港でよく食べたシンガポールヌードル(これ
はビーフンのカレー風味焼きそばです)、豆腐の味噌漬け(酒の肴に良)
高田郁「みをつくし」を読んで胡瓜の「忍ぶ瓜」、豆腐が好きなので、雷
豆腐、市販の袋入りラーメンも野菜炒めを加えてタンメンにしています。
話題の塩麹を使った肴も2,3作りました。野菜サラダも野菜の数を多く
すると結構手間が掛かるのが判りました。

次に考えているのは、女房が嫌いで絶対作ってくれない酒粕汁や
高価で買ってくれない松茸を使った炊き込みご飯、土瓶蒸し等です。
月末に娘と孫が来るので、何か作ろうかとも考えています。これ以上
趣味を増やす時間的余裕はないので深入りはしない積りですが・・。
4年2か月振りに2泊3日で香港に行ってきました。女房と息子夫婦、嫁の
ご両親という夫婦3組6人の珍道中です。我々は4年2か月前の夏に行き
ましたが、その時は最終日に台風が来て足止めを食らい、往生した記憶
があります。

私は1994~98の4年余り駐在していたので、それなりに詳しいのですが、
今回は息子夫婦に全てアレンジしてもらったので、至極気楽な旅でした。

年寄り4人は土曜日10時のJALで、息子達は11時にキャセイで出発、HKの
空港で落ち合いました。便が違うのは、息子達はマイレージ利用だから
なのでしょう。到着後空港の許留山でマンゴジュースを飲みつつ息子
達を待ち、的士で香港島のホテルへ。ホテルは上環のベストウエスタンと
いう新しいホテルですが、部屋が狭く日本のビジネスホテル以下。勿論
マウンテンビュー(でもピークが正面に見えます)。上環に出るトンネルが
出来たのでこんな場所にもホテルが建ったのでしょう。中環より西は殆ど
行ったことがありませんでしたが、お蔭で乾物屋の多いこの町の雰囲気を
十分味わいました。トラムで移動、香港パークなどを散策の後、地下鉄で
九龍側へ行き、鹿鳴春で北京ダックなどを堪能。翌日は朝上環でお粥、
午前中ケーブルカーでピークへ。丁度ウオークラリーが開催されていて、
バグパイプの楽隊も出て賑やかなこと。肝心のピークからの眺めは霞んで
いていまいちでした。バスで中環に戻り、昼は九龍側の倫敦大飯店で
飲茶、午後女人街やハーバーランドなど散策、文化中心辺りから出る
モーターボートで南丫島(ラマ島)へ。約40分の迫力ある船旅でした。天虹
なるレストランで海鮮料理。ラマ島は初めてですが、結構リゾート気分で
レストラン街は賑わっていました。最終日の朝はやはり近所でお粥。
文武廟を見てからトラムで銅鑼湾へ。久々にそごうでショッピング。昼は
上環の蓮香楼で飲茶。ホテルへ戻って荷物を受け取り、的士で空港へ。
3時過ぎのフライトで羽田着が8時半、自宅着が10時前でした。

4年ぶりの香港でしたが、更に高層ビルが増え、依然として発展し続けて
いるようです。一方人々の活気や街の臭いは相変わらず。年寄りに席は
譲らないし、駅のホームでも並ばないし、エレベーターでも他人に構わず
ドアを閉めるし、自己中心の文化ですが、独立自尊で自己責任が徹底
しているとも言え、そこを割り切れば実に合理的で清々しくもあります。
今回は息子達に任せたので、私が行きたいレストランなどには行けません
でしたが、知らないところに連れて行ってもらい、それはそれで良い経験
でした。まだ健康であれば何年か後にまた行ってみたいものです。
10月10日数年振りに皇居を2周ジョグしてきました。毎月第2水曜は所属
するランニングクラブの月例会で、各自適宜皇居を走り銭湯で汗を流して
神田の居酒屋で飲むのが10数年来続いています。

私は足を悪くしてここ4,5年来れなかったのですが、最近は足は良くなら
ないものの、ゆっくりならなんとか走れるようになたので、久々に参加
しました。時速7.5Kで1周40分前後×2.午前中もジムで10数キロ走った
後なので、2周目は相当ばてました。良い汗をかいていつもの稲荷湯で
一風呂浴びてさっぱり。丁度銭湯(1010)の日でタオルも頂きました。
風呂上がりのポカリスエットの旨いこと。

神田ガード下の升亀も久々、相変わらずの賑わいです。赤シャツの大将も
お元気。2階の予約席に一番乗りで暫く一人で冷奴とビール。その内、
幹事長のしばやんが来て、後は三々五々、全部で7人の参加でした。
ビールの後は焼酎のウーロン割。肴はマグロブツ、烏賊ゲソ天、ジャンボ
メンチカツ、肉豆腐、等々で最後にお握り。今月は走り込み月間なので、
その途中経過や今後のレース予定を報告し合って10時過ぎ解散しました。
走れる位健康でその後旨い酒が飲める以上の幸せがあるでしょうか。
走り込み月間第1週はまずまず順調、今朝は爽やかな好天の下江戸川
土手を12K走り、8日まで113Kです。

10月、NHKの朝ドラが「梅ちゃん」から「純と愛」に変わりました。
取り敢えず1週間見てみましたが、とても続けて見る気にはなりません。
純という沖縄出身の女の子がホテルマンとして成長する過程を描くので
しょうが、社会人になりたてとはいえ、レベルが低すぎます。自己中で
目先の自分の希望が通らないと直ぐに切れて啖呵を切る。お客の為という
錦の御旗を武器にルールも他人の迷惑も関係なし、どれだけ周りの人が
迷惑することか。周りの同僚や上司だけではなく、お客も迷惑します。
その辺の想像力が全く働かない、はた迷惑でガラの悪い子が主人公です。
しかもオカルト的な超能力を持った男の子まで出てくるのですから、
とても私の好みには合いません。

昨日、六本木にあるビートルズのコピーバンド専門のライブハウスに
行ってきました。通常は夜だけの営業で、ハウスバンドが4ステージ
やるのですが、この日は午後2時から夜10時まで、プロアマ問わず10組
ほどのビートルズ好きバンドが入れ代わり立ち代わり演奏しました。
いつもは着席で食事が出来ますが、昨日は殆ど立ち見。今年ビートルズ
デビュー50周年のイベントと思っていましたが、年に1度やっている恒例
イベントだそうで、今年5回目だそうです。途中出入り自由で、夕方1時間
余り食事の為中抜けした以外は殆どのバンドを聴きました。やはりハウス
バンドがコピーバンドとしては一番良かったです。中には芸術性を求める
バンドや、ロックを強調するバンドがあり、それはそれで結構なこと
ですが、ビートルズのコピーバンドを聴きたい私の好みではありません
でした。客層はいつもより若い人が多く、ビートルズそのものではなく、
ビートルズを通して出演バンドのファンである若い女性が目立ちました。
1年位前「謎解きはディナーの後で」をテレビで見て、北川景子さんを
初めて知りました。珍しく正統派の美人で映画女優と言える美しさにも
拘らず、コミカルな演技で結構気に入りました。その彼女が高田郁さん
という女流作家の「みおつくし料理帖」というテレビ特番に出たので、
じっくり見ました。先週のことです。

時は19世紀初めの江戸時代、大阪生まれの天涯孤独な女料理人澪
(みお)が東京の神田で料理人として成長する姿を描くどらまで、原作の
文庫本は既に7冊出ています。本屋で見たことはあったものの、全く内容
は知りませんでした。テレビのドラマが実に面白く、2,3日前から原作を
読み始めたら止まらず今3巻目です。上手いというか結構泣かされる話が
多く、ハンカチかティッシュ片手に読んでいます。

テレビドラマの方は2時間ほどの単発でしたが、文庫本の1冊目の内容と
略同じでしたので、その後の分をまた番組改編期に続きを是非やって
もらいたいものです。清盛と違ってハイビジョン撮影で実に美しく、場面
展開も早くて、観ていて小気味よい仕上がりでした。

文庫本一冊に4話ずつ入っており、それぞれテーマとなる料理が紹介され、
そのレシピが巻末に示されています。私は最近急に料理にも目覚めてきた
ので、その内レシピを見ながらトライしそうです。物語の文庫とは別に
「みおつくし献立帖」という文庫本があり、それには著者の随筆とと共に
料理のカラー写真も添えられています。料理は全部著者が作ったそうで、
これも驚きです。江戸で料理の出る話と言えば、鬼平や剣客商売の池波
正太郎さんを思い出しますが、食通の池波さんがこのシリーズを読んだら
何と仰ったか聞いてみたい気がします。
by nakayanh | 2012-10-03 21:10 | 読書
10月は毎年ランニング仲間で走り込み月間としています。マラソンの
シーズンは11月から3月頃なのと、9月までは暑くてあまり走れない
環境だから、10月は来るべきマラソンシーズンに向け、走力強化に丁度
良いのです。

持病で足は痛いもののだましだまし走れるようになってきたので、今年は
350Kを月間目標としました。5,6日は走れない日もあるので、14K×
25日という計算です。自転車やエアロバイクは0.4掛けで計算します。
日常生活の歩きは計算に入れません。

今日は初日でもあり、午前中12K,夕方5K併せて17K走りました。
走るといっても精々キロ7~8Kの遅々たるペースです。今朝は台風一過
爽やかな秋晴れの中走りました。江戸川土手からはスカイツリーと富士山
がよく見えました。しかし日中は夏の暑さがぶり返したような強い日差で
参りました。明日からはようやく秋らしくなるようで楽しみです。