<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

講談社刊、副題は「私が出会った巨星たち」、去年10月初版です。
著者は私より1歳上の1948年生れ、天才子役と言われ「がめつい奴」
等50年位菊田一夫の舞台で大当たりをした人ですが、後に女優を
辞め、ウーマンリブ活動をしたり、参議院に出たり、フォーク調の歌で
ヒットを飛ばしたり、今は文筆業だそうで、才女の名を欲しいままにした
人です。私も子供の頃テレビ中継の「がめつい奴」を見て、その演技の
上手さに舌を巻きました。

その彼女が子役から娘になるまでの芸能活動中に出会った芸人、役者、
俳優、歌手達パフォーミングアーツの世界の人々の印象や思い出を
纏めた本です。子役だけに大スター達とも気楽に交わることが出来た
ようで、幅広いスター達の一側面が描かれています。

私は学生の頃秋田実や香川登志雄に憧れ、漫才作家になりたいと
思ったこともある位で、こういった芸談や自伝、芸人の評伝等を結構
読んでいます。共演した立場で大物スターを色々書くというのは
なかなかの企画で、今時千夏さん位しか素顔の蝶々やエノケン、森繁、
円生、緑波を語れないでしょう。その意味では貴重な資料と言えます。

ただ、子役として付き合った範囲での記憶を基にしたもので、人選には
偏りがあるし、かなり自意識の強い子供の頃の著者の目を通した対象
人物ですから、一面的でバランスを欠くようなところも散見されます。

例えば、彼女は東宝系の舞台が中心だったので、大阪時代は松竹系の
芸人と殆ど接触がありません。また三木のり平等と一緒に出ていた
若き日の志ん朝とも共演していますが、落語家ではあっても名人である
ことを志ん朝が亡くなる迄知らなかった、なんて信じられない位勿体ない
話もあります。

才女が故に女優に留まらず、幅広い活動を続けてきたともいえるし、特に
美人でも歌がそれ程上手い訳でもなく、方向転換したのは正解だった
様にも思えます。それと共に、昔共演したスター達と殆どそれ以降接触
しておらず、子役とスターの付き合い以上に発展しなかったのが勿体ない
ようにも感じられます。
by nakayanh | 2012-02-27 23:43 | 読書
東京マラソンをテレビ観戦しました。抽選に当たっていれば杖を
突いて走る積りだったのですが、残念です。

公務員ランナーの川内選手に期待していましたが、23Kで失速。
5,10,20K地点の給水に失敗、お母さんが用意したスペシャル
ドリンクを手に出来ず、動揺したのが最大の要因の様です。経験
不足もあるのでしょうが、陰謀説もあるようで、私もその可能性は
否定できない様に思います。そう思われても仕方ないほど陸連は
川内選手に非協力的でした。9分台で日本人トップの福岡国際の
結果に飽き足らず、今回再挑戦するという川内選手に対し、その
積極姿勢を評価しないばかりか、「常識が通じない」と冷やかに
突き放していたのですから。レース後の川内選手は「給水に失敗
して動揺した。精神的に未熟。五輪挑戦は終わった。」旨の
コメントをしており、実に爽やかで潔いものでした。

今回2位になった藤原新選手は記録も良好で五輪代表は確実
ですが、彼も2年前に実業団を辞め、昨年11月にはスポンサー
会社の契約も解除されたようで、要するにこれまでの代表選考
レース二つともプロの実業団ランナーが敗れた訳です。陸連の
常識に従っていては強いランナーが生まれないことは明白です。
その自覚や反省がない限り、世界との差は益々開く一方でしょう。

来週の琵琶湖マラソンの結果次第ですが、日本人1位が順当に
代表に選ばれるとして、3人目の選考で、川内と今回日本人2位で
2:08台の前田選手とのどちらを選ぶか又揉めることでしょう。
マラソンのタイムはその日の気象条件に左右されますから、
当然各レースの日本人トップを評価すべきですが、恐らく面子に
拘る陸連はなるべく川内を選ばないでしょう。いずれにしても
藤原新選手を含め、世界では全く通用しないでしょうが。

毎年のことながらマラソンを「走っている」とは言えない物見遊山の
ランナーが多く、その陰でどれだけ真面目な市民ランナーが
出場出来ずにいることか。1万人ものボランティアの善意も利用して
上辺ばかり賑やかな、市民マラソンとしては実に下らない大会だと
思います。
昭和45年京都市・学芸書林発行「京都の歴史」というのを買いました。
京都市内の古書店でも見つけましたが、神田の古書街でもう少し
安かったので、そちらにしました。今日宅急便で届きましたが、
なかなかの圧巻です。40数年前京都市の発行ですが、編集委員は
林家辰三郎、貝塚茂樹、桑原武夫、奈良本辰也等々超一流、充実し
た内容であることは間違いないでしょう。

今の地方自治体にこういう文化的事業をやる余裕や気概があるの
かなと思います。大阪の様に文化的な事業を経済合理性でのみ
捉えるようになれば、多くの文化は滅びるでしょう。それでも生き残る
のが本当の文化だという考え方もあるでしょうが、私にはそうは
思えません。同時代の民衆にとっては堪ったものでなくとも、治世より
文化的なことにばかり力を注いでいた為政者の下で、文化の華が
咲いたことは事実でしょうし、後世の我々がその文化の恩恵に浴し、
楽しんでいることも間違いありません。要はバランス感覚なので
しょうが、か弱く日の当らない文化にも為政者がそれなりにお金を
注ぎ込んで行くことは、豊かな社会実現には不可欠だと思います。
日本固有の文化の維持・育成は、想定外の名の下に地球を汚染し、
核廃棄物を地中に埋め込んでしまうより、人類にとって遥かに意義
深いことだと思います。
by nakayanh | 2012-02-26 01:06 | 京都
先週土日ブラバン合宿が大阪の長居のユースホステルであり、
日曜だけ参加して来ました。大阪国際女子マラソンのスタート・
ゴール地点の競技場スタンド下にあるYHです。土曜は古文書
解読講座があった為日曜だけの参加となったものです。

金曜にカラオケボックスで2時間個人練習して行きましたが、
勿論それではとても追いつかず、合奏練習ではボロボロでした。
まあ、これは例年のことで、合宿で一通り演奏曲を通したので、
練習すべき個所は判っており、後は極力個人練習をやることと、
本番までに参加できるあと2、3度の合奏練習でしっかりお浚いを
することです。繰り返し練習をやっていると、徐々に成果が表れ、
難しかったところもふと出来るようになることがあるので、練習は
大切だし楽しみなものです。

昨日山野楽器で楽器のバランス調整を依頼して来ましたので、
それが済めば極力個人練習の時間を設けたいと思っています。
by nakayanh | 2012-02-23 20:01 | 音楽
集英社刊。2002年に出版された書き下ろしの時代小説です。内容は
赤穂浪士47士の一人で赤穂藩京都留守居役の小野寺十内とその妻
丹の討ち入りにまつわる話です。

伊藤仁斎という江戸初期の儒学者を勉強している過程で、儒学者と
赤穂浪士が結構関わりがあるのに気付きました。討ち入りと言えば
三波春夫の歌にも出てくる山鹿流の陣太鼓が有名ですが、これは
山鹿素行が幕府の怒りを買って赤穂藩に配流された時に山鹿流の
軍学を藩に伝授したところからきています。十内や内蔵助は仁斎の
門下生、息子の主税は仁斎の三男でやはり儒学者となる梅宇と友人
です。討ち入りの頃の幕府の老中は将軍綱吉の側用人柳沢吉保で、
そのお抱え儒学者が後年仁斎を目の敵にした荻生徂徠。徂徠は将軍
綱吉の信頼も厚かった様で、浅野内匠頭の刃傷即日の切腹や吉良
上野介のお構いなし、赤穂浪士の切腹等の判断は、当然徂徠の
考え方が大きく影響していると思われます。

そんなことで、仁斎の弟子であった小野寺十内にも興味を覚え、それに
関連する小説を探したところ、本書が見つかり、葛飾図書館で借りて
読みました。仁斎との関連はあまり出て来ず、その面ではやや期待外れ
でしたが、まずまず面白く読めました。著者の竹田さんは今年74歳位、
時代小説や演劇関係の脚本なども書いている方の様で、最近の松井
今朝子さんと似たジャンルの方の様です。直木賞作家ではないものの、
新田次郎賞等は獲っておられます。
by nakayanh | 2012-02-17 23:11 | 読書
伊藤仁斎の勉強をする過程で「仁斎日記」を読み解こうとしていますが、
さっぱり判らず困っていたのですが、新聞に織り込まれていた市民報に
「古文書解読講座」の参加募集があるのを知り、申し込んだところ見事
当選しました。隔週土曜日5回で1回1時間半の講座で無料です。
先々週第一回目、今日第2回目の講義を聴いてきました。30人募集の
ところ1.5倍の倍率だったそうです。場所は市の博物館のビル内で、
かなり不便な場所ですが、殆どが60歳以上の受講生達は嬉々として
受講に来ています。

第1回目は講座の目的や心得の説明と、比較的易しい松戸の古文書の
例文説明。年貢米に関する旗本の農民へのお達しについて学びました。
次回講義用の宿題は、年貢の取決めに係る農民の依頼案文で、2週間
掛けて自分なりに解読し、今日解答を教えて貰いました。自分では9割
以上出来た積りでしたが、実際は7~8割の出来でした。講義の最後に
渡された次回用の宿題を近くの図書館で午後中解いていました。これは
もしかすると数独より面白い、結構知的且つ退屈凌ぎになるクイズと
言えそうです。