人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

月曜休肝日なので、途中酔っ払って寝ることもなくじっくり見ましたが、巨人のひどい
試合振りには驚きました。特に原監督の采配は酷過ぎました。勝つ気があったのか、
疑いたくなるような試合運びでした。

5回表1点ビハインドの巨人攻撃、1死2塁で投手のゴンザレスをその儘打たせました。
結果的に相手の赤川投手が2ストライクからストライクを投げてしまいヒット。
結果オーライですが、1点負けていて引き分けでも駄目な試合で、何故代打を出して
積極的に行かないのか理解出来ません。外野フライすら打てない坂本も情けない。

7回表再度巨人攻撃、1死1塁でゴンザレスに再度打たせて3バント成功。でもこれも
結果論で、足も速く攻撃に幅を持たせられる野手を代打に出さないのが理解不能
です。余程控えの選手に信頼がないということでしょうか。

7回裏ヤクルト攻撃、2死2塁で左翼前ヒットで追加点。ラミちゃんを鈴木か高橋に
替えて守備を固めておけば追加点を阻めたでしょう。

9回最後の巨人攻撃、3点ビハインド。小笠原のホームランは焼け石に水でした。
2点差2アウトランナーなしで3安打の古城を替えて代打高橋由伸、これも理解
不能。ホームランを打っても後の駒不足が見え見えでした。そもそも1,2戦で打点を
挙げた高橋を最初から出さないのも不思議。投手は途中澤村を出せば良かったのでは?

1戦目に澤村を早く変え過ぎたのが原監督のトラウマになっていたのか、あるいは
菅野投手をドラフトで取れなかったのが尾を引いているのか、全く集中心が感じ
られない采配でした。
京都鞍馬口、船岡山近くの「かね井」夜の部に行きました。週末昼に行くと恐ろしい
混み様で、あまり近づかないようにしていましたが、一度夜に行って此処の出汁巻きを
食べてみたいと思っていました。先週水曜に出掛けました。5時の開店前に到着、
暫く直ぐ近くの渋い喫茶店で時間を潰し、5時に行くと丁度暖簾を掛けるところでした。

一番乗りも何も、他に客もなく、シーズン中の昼の混み様が信じられない位長閑です。
照明を絞って幻想的な坪庭を観ながら、ビール、酒、豆腐よう、そばがき、出汁巻き卵、
鴨ざる。出汁巻き卵は混雑時には注文を受けてくれないので、今回初めて食べましたが、
流石に手間を掛けていてふっくら美味しいものです。酒も蕎麦も肴も旨く、ゆったりと
ひと時を過ごせました。客はその後二組だけ。帰りにはご主人も見送りに出てこられる
余裕。週末の昼間に来たのでは全く判らない、この店の良さを味わえました。
by nakayanh | 2011-10-31 00:25 | 蕎麦
日曜日の今日、千葉市美術館まで行って観て来ました。抱一生誕250年記念展だそうです。
琳派の祖とされる宗達は堪らなく好きなのですが、光琳、抱一となると好きは好きなものの、
正直なところ心が揺さぶられると云うほどではありません。今回は日経新聞に入っていた招待券
応募のチラシに駄目元で応じて、招待券を貰ったので出掛けたものです。松戸は千葉県ですが、
千葉市は遠くて女房に断られ、一人で行ってきました。確かに遠いです。しかも京成の千葉中央駅
から徒歩約10分、千葉の文化レベルの低さが良く判ります。

開館の10時の直後に到着しましたが、それでも客はそこそこ来ていました。年配の夫婦連れが
中心です。展示は2フロアたっぷりで200点以上あったでしょうか。凄いボリュームで疲れはて、
途中2度途中の椅子にへたり込むほどでした。それだけ内容的には充実していたと思います。

今日初めて知りましたが、抱一は名門譜代大名姫路藩酒井雅楽頭家と云う凄い家柄に生まれ、
二男であったため、好きな書画や俳諧に没頭し、光琳等の琳派に傾倒して「江戸琳派」を確立
しました。鈴木其一や池田孤邨は抱一の弟子です。流石に画風は上品で洒脱、大らかで屈託のない
優しい人柄と育ちの良さが滲み出た良い絵が多くありました。反面、魂の叫びを感じるような感動
や、目を見張るような斬新さは感じませんでした。良くも悪くも江戸の粋を感じる作品群です。

美術館の場所は不便ですが、抱一に限らず一門の絵をこれだけ集めたのは大した努力だと感心
しました。千葉は11/13までで、来年4/10からは京都岡崎の細見美術館に巡回するそうです。
公式カタログは2,800円と余りに高価で、買う勇気が出ませんでした。
by nakayanh | 2011-10-23 21:49 | 美術
数独(ナンプレとも言うらしいです)が結構好きで、新聞雑誌等に載っていると必ずトライして
います。今は産経の日曜版、日経の土曜版、月刊文春、は毎号必ず出ています。週刊文春は毎週
クイズの形式が替わるので、月に1度位でしょうか。日経は回答する時間で上中下級が決まり、
私は中級は軽く、ぎりぎり上級辺りです。難易度5段階の★3つ位だと易し過ぎてあまり面白く
ありませんが、★5つの最高難度だと全く解けないこともあります。★4つ位が私には丁度良い
難しさと言えそうです。

半年以上前の朝日新聞に出ていた★5つの数独が難しく、何度かトライしても2か所埋まった
きりで、どうしても解けなかったのですが、昨夜眠れないまま解いていて、遂に解読しました。
これまで余りにも解けないので、問題が間違っているのではないかと少し疑っていた位です。
又、二つの可能性の一つに決め打ちして、何処かで行き詰ったらもう一つに乗り換える手を
使いたくなったりもしますが、これは多分邪道なのでしょう。それで解けても多分嬉しくは
無いでしょうし。今回解いてみれば納得なのですが、これまで同じ行2か所が二つの数字で確定
するのが解くカギであるケースがよくありましたが、今回のは3か所が3つの文字で限定される
という、初めて体験するケースでした。得意になって女房にも解いてもらいましたが、1時間位で
出来てしまい、私のこの数カ月の苦労は何だったんでしょう。

数独は面白いし、退屈しのぎになるのであればやるのですが、数独の本を買ってやりだすと、多分
それに時間が費やされ過ぎるので、そこは何とか抑えています。数独の問題を考える人が凄いなと
感心します。
今月は28日に研究テーマの中間発表会があるため、今はその準備に追われています。未だ10日
余りありますから何とかなるとは思いますが、それが為に思い切りは遊べない心理状態です。
相変わらず、午前中ジム、午後図書館中心の生活が続いています。

今月は所属するランニングクラブの走り込み月間で、走れない体ながら自転車やエアロバイク
中心にラン換算250Kを目標にしています(バイクは×0.4で計算します)。ここ3,4日頑張った
結果、今日で約120K とまずまず予定進捗ラインに乗っています。ランニングマシンでのジョグも
少し取り入れていますが、4Kを35,6分がやっと。制限時間7時間の東京マラソンなら完走できるかと思い、申し込んでいましたが、敢え無く落選結果が来ました。無理してジョグをやるモチベー
ションも一気に低下です。ランニングの経験もないままお祭り気分で申し込む人の多いのには
困ったもので、その陰で私の仲間も含めた大勢の真面目な市民ランナーが泣きを見ています。

サッカー日本代表のタジキスタン戦は8:0で圧勝しましたが、決定的なチャンスで何本も外して
の結果ですから、あまり褒められません。どうしてあんなに上手くゴールポストやバーに当たる
のでしょうか。一回り小さなゴールでシュート練習をした方が良いのではないかと思います。
ハーフナー選手はアジアでこそあの上背が生きますが、大型のバックスがいる欧州では通用する
でしょうか。

秋の園遊会になでしこの澤選手が振り袖姿で登場しましたが、髪をアップにしていたのと、意外?
にも撫で肩で、とても良く似合っていました。陛下がW杯決勝のPK戦でキーパーが足で止めた
プレーに言及しておられましたが、ただ、「御苦労さま」や「優勝おめでとう」だけでなく、
具体的なことにまで触れられるのが、招待客だけでなく私の様な一国民まで心和ませ、親しみを
感じさせる由縁だろうと思います。この両陛下への共感が、次世代のお二人に対しても持てるか
どうか、かなりの皇室ファンである私にも正直言ってあまり自信はありません。

プロ野球のリーグ優勝はソフトバンクと中日で決まりですが、結果的に中日が4連勝した首位攻防
の天王山の試合を、全くテレビ放送しないというのはどういうことなのでしょう。機構が力を入れ
ないのか、スポンサーの問題なのか、素人には判りませんが、益々プロ野球の人気凋落に拍車が
掛ることだけは間違いないでしょう。民放は番組改編時で2,3流芸人寄せ集めの下らない特番
ばかりやっているのだから、首位攻防戦を放送した方がずっと視聴率も取れると思うのですが、
不思議なことです。NHKは日ハム:SBを放送する始末。とても視聴者のことを考えているとは
思えません。受信料を払うのが馬鹿らしくなります。全体に、余りにもテレビ番組の質が低く、
テレビの存在価値は低下する一方です。
人間国宝の成駒屋、七代目中村芝翫さんが10日に亡くなられました。先月の新橋演舞場秀山祭
初日に舞台に立たれたのが最後だったそうです。私は芝翫の舞台を楽しみに9月3日に観に行った
のですが、残念ながら既に欠場しておられました。何とか新歌舞伎座落成までお元気で頑張って
ほしいと思っていましたが、叶わぬこととなりました。

歌舞伎を観始めて精々10年程度の私は、芝翫丈の晩年しか知らない訳ですが、舞台での存在感は
圧倒的で、大好きな役者でした。上背はなく顔が大きいので五頭身位、一見女形には不向きに
思えますが、芸の力は大きいもので、伽羅先代萩の八汐のような意地悪な老婆役は勿論、舞踏の
藤娘のような娘役も実に愛らしく演じるのです。声も艶があってよく通り、品格のある役者でした。

長男が福助、次男が橋之助、長女が舞踊の家元を継ぎ、次男が現勘三郎の勘九郎に嫁いで、家系的
にも恵まれていましたが、ご本人は5歳で父、12歳で祖父を亡くして苦労されたようです。既に
孫の世代も育ってきていますから、成駒屋の将来は盤石ですが、富十郎に次いで歌舞伎の重鎮が
亡くなったのは淋しいことです。
by nakayanh | 2011-10-11 00:59 | 歌舞伎
瀉今月の新橋演舞場「十月花形歌舞伎 當世流小栗判官」の通し狂言を観てきました。
間もなく二代目猿翁となる三代目猿之助が復活した当り狂言を、四代目猿之助襲名を発表した
ばかりの亀治郎が演じるという、半ば偶然?ではありますがタイムリーな演目です。

三代目のけれん味というかアクの強さが何となく苦手で、スーパー歌舞伎をこれまで観たことは
なかったのですが、いずれ猿之助を継ぐだろうと思っていた若手のホープ亀治郎が演じるという
ので予約していたものです。

亀治郎は主役の小栗判官、漁師浪七、娘お駒という全く異なる役柄三役を、早替りを含め見事に
こなしました。浄瑠璃の三味線に合わせる台詞のノリがやや悪かった以外は立派な出来だったと
思います。女形も定評がありますし、颯爽とした若武者振りも恰好良く、器用で上手いものです。

作品は私が食わず嫌いだっただけで、早替りあり、二人宙乗りあり、馬役が大活躍の「碁盤乗り」
あり、怪談風ありと、歌舞伎の楽しさをこれでもかと詰め込んだド派手な演目で、通し狂言でも
全く退屈する場面がありませんでした。

出演は愛之助と獅童以外は殆ど澤瀉屋の人達ですが、右近、猿也の中堅もしっかりしており、
笑也、春猿の女形も美しく、上手く亀治郎を引き立てています。これで来年以降中車を継ぐ
香川照之がスムーズに歌舞伎の世界に馴染んで受け入れられれば、一門も益々隆盛しそうです。
by nakayanh | 2011-10-10 00:48 | 歌舞伎
「渡る世間は鬼ばかり」が先週終了し、最終2回のスペシャル版と最終回直前の2時間特番を
略見てしまいました。21年前から始まり、海外勤務中以外は大体見ていた番組で、えなりくんが
赤ちゃんの頃からの付き合いですから、最後は見届けない訳には行きませんでした。藤岡卓也や
山岡ひさのさんが出ていた頃が番組のピークだったのでしょうが、山岡さんが出演を拒否し、
その後病に倒れ、亡くなられても番組を続けた辺りから、何となくあざとさも感じ始めましたが、
まあそれなりに思い入れもあるし、他に良い番組もないことから続けて見ていたのだと思います。
結局この話のオチは「鬼は世間ではなく家庭内に居る」ということだと思う位、それぞれの家庭が
よくもめました。5人の娘がそれぞれ色々問題を抱え、80を超えたであろう大吉にいつも世話を
掛ける、全くひどい娘たちでした。特に4女葉子と5女長子は酷いものでした。この番組で
戸惑うのは、それぞれの役柄の性格が定まらないことで、アニメのサザエさんの様に登場人物の
性格が決まり過ぎるのも問題ですが、渡鬼は渡鬼で困ったものでした。この一年えなりの真を拒否
し続けた貴子は、完全にファザコンで、こんなのと結婚しない方が良いと思っていましたが、
最後の2,3週でコロッと変わり、この1年は何だったんだと唖然とさせられました。まあ、
そういうことが長い間に何度も有り、出演者も大変だっただろうと思います。赤城春恵が最後に
戻ってきたのも節操がないし、特番で泉ピン子が大女優然として威張るのも気に入りませんが、
何とか終わってくれてほっとしています。しかし、最後に流れた橋田先生のメッセージを見ると、
まだまだ続編にやる気満々の様でした。来年の今頃は何もなかったかのように始まっているかも
知れません。流石に私は多分もう卒業させて頂くでしょうが。

「フリーター家を買う」というのもかなり熱心に見ていましたが、今日その特番があり、これも
見ました。独特の暗さと明るさがあるドラマで、竹中直人が演じる父親の人物設定に問題がある
様に思いますが、全体にまあまあ面白かったです。今朝の新聞で知りましたが、「フリーター」
の正編が「東京ドラマアウォード2011」連続ドラマ部門でグランプリを獲得し、主演の二宮和也(嵐)自身も主演男優賞を得たとのことです。(初めて「アウォード」と英語に近く表記している
のを見て感激?しました。他は「アワード」と表記しているのが殆どです。)
先週市川亀次郎の四代目猿之助襲名と、香川照之の九代目市川中車襲名が公表されました。
亀次郎は人気実力とも十分で、伯父である三代目猿之助を継ぐのは自然な流れだと思いますが、
香川照之は意外でした。

勿論元々は猿之助の長男ですから、本来なら猿之助を継いで然るべきなのでしょうが、これまで
歌舞伎と関係なく全くの実力で俳優として名を成してきた人なので、今更歌舞伎界に執着する
とは思えませんでした。でも、襲名発表記者会見の様子では歌舞伎界にずっと思いを抱いていた
ようで、昭和46年に途絶えたままの中車を継ぐのはとても良いことだと思います。先代の中車は
子供の頃テレビでしか見た記憶しかありませんが、白髪の渋い役者でした。香川がどれだけ
歌舞伎の伝統芸を身に就けているのか知りませんが、新作歌舞伎や人情物なら直ぐにでも出来る
でしょうし、あれだけの演技力ですから伝統的な作品もいずれは出来るようになるのは間違い
ありません。歌舞伎界の活性化には大いに期待できる人材で、松竹もなかなか味なことをやる
ものです。

亀次郎は立ち役から女方までこなせる、器用で幅広い芸風で華もありますから、新しい猿之助を
見せてくれそうでこれも楽しみです。先代の猿之助は伝統的な格式や序列を重んじる世界に嫌気
したのか、独自のケレン味の強い歌舞伎で一世を風靡しましたが、馴染めない人も多く、私は
一度も見たことはありません。でも亀次郎ならそこは上手くバランスを取れそうで期待出来ます。
早速今月小栗判官の通しを観に行く予定です。亀次郎がやるのなら観たいと思ってチケットを
買ったのですが、グッドタイミングと言えそうです。

相撲や落語と違って世襲制の歌舞伎が意外に上手く行っているのは、血筋だけではなく実力も
見ながら襲名させているからで、その為には血筋の子を幅広に小さい時から育てていく必要が
あります。名優の親が早く亡くなると、子供は結構苦労するようです。今の団十郎がそうで、
その経験が却って息子を甘やかす結果になったのではないかと思っています。富十郎の遺児
鷹之資は吉右衛門が面倒を観てくれているようで安心ですが、私が今心配しているのは獅童の
子息です。別れた前妻の女優が気の強い人で、獅童に会わせず育てているのだと思いますが、
歌舞伎界からすると不幸なことです。歌舞伎界に嫁ぐ人として必要なそれなりの覚悟を、持ち
合わせていなかったようなのが残念です。嫁の覚悟の欠如については、歌舞伎界以上に深刻な
男系世襲制の旧家の例もあるようです。
by nakayanh | 2011-10-04 00:21 | 歌舞伎
「男の隠れ家」11月号「いま暖簾をくぐりたい『そば』の店2011」と、関西中心の「あまから
手帖」10月号「蕎麦呑み 蕎麦喰い」を買いました。どちらも久々になかなか力の入った蕎麦
特集です。

「男の隠れ家」は蕎麦の世界でちょめいな4人の方が推奨する蕎麦屋20軒余り。4名の方の内
お一人は何と夢八さん!蕎麦仲間と言うのもおこがましく、夢八さんが蕎麦大学の教授とすれば、
私は付属高校の生徒程度ですが、それでも存じ上げている方の記事が掲載されていると実に嬉しい
ものです。探究心に乏しい私はいつもまつややよし房で幸せな気分に浸っていますが、気候も
そろそろ良くなってきたことだし、少しはプロの方のお奨めの店を巡ってみたいものです。
私の生れた土地である三重県松阪の蕎麦屋が紹介されており、是非一度行ってみたいものです。


「あまから手帖」は関西の旨いものを紹介してくれる雑誌で、集約したグルメの単行本も何冊か
持っていますが、この10月号では京阪神中心の蕎麦屋が20店近く紹介されています。私も好きな
「文目堂」や「ふくあかり」、先日行ったばかりの「よしき」も出ていて、店のチョイスは私の
好みと合いそうです。

ようやく蕎麦屋酒の旨い季節になってきました。いつも旨いのですが、特に旨くなる季節という
意味です。
by nakayanh | 2011-10-01 17:45 | 蕎麦