人気ブログランキング |

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

先週の金曜と今週火水木曜の4日間大宮のさいたまスーパーアリーナでボランティア活動を
して来ました。マラソン仲間のしばやんから誘われ、私の様な足の悪い杖の常用者が役に
立つかとやや不安でしたが、それなりに何とかなりました。週末は関西に行っていたため4日間
だけ朝8時から午後の3~4時頃までお手伝いした次第。通常ボランティアを希望する人は、
朝早くから受付に並んで登録する必要がありますが、私の場合はしばやんが登録しておいて
くれたので、最初から活動が出来ました。

担当部署は段ボール班で、主な仕事は食事配給時に避難生活をしている方(1700名余)が使う
お盆代りのトレイを段ボールで作り、中に新聞紙を敷いたものをお渡しすることです。色んな
家族構成の方が食事を取りに来られるので、色々な大きさのトレイを準備する必要があります。
その合間に不要になった段ボールを解体して纏めてゴミに出す仕事、これは特に避難者の方達が
アリーナから別の避難所へ移転した昨日今日に集中しました。アリーナ内の居住区域で各家族を
仕切っていたパーティション用の段ボールが一気に不要となったためです。

段ボール班は延べ15~20人位でしょうか。リーダー、サブリーダーは30~40位の男性、
班員は71歳の元気なおばあちゃんから中学生まで。皆自分から進んでやってきただけに、
モチベーションは高く作業効率は良好です。60前後の退職親父はしばやんと私ともう一人です。
マラソン仲間の菊ちゃんとも2日間重なりました。しばやんは2週間ほぼ毎日、朝8時から夜
7時過ぎまで頑張っていました。私は夜予定が多かったため3時過ぎまでにしてもらいました。
昨日今日は大きな段ボールの解体作業を結構長時間やっていたので、なかなかの充実感があり、
それなりに役には立ったかなと思います。我が家からアリーナのあるさいたま新都心までは
約1時間、往復の交通費は千円を超えますので馬鹿にならず、中高生がボランティアをするには
かなりの制約になると思われますが、来ていた諸君は皆挨拶もきちんと出来る市し、働きも
大人と変わりませんでした。日本の将来についてちょっと安心しました。
大阪で所属するブラバンのコンサート迄あと2週間ちょっとになりました。地震の影響で先々週の
合宿にも参加出来なかったので、今週末からの2回の練習が私にとっては勝負どころです。

という訳で、今日は個人練習の為松戸のカラオケボックスに行きました。ビッグエコーは12時
からなので、11時オープンの別の店にいきましたが、開店から若い女の子のグループで超満員。
春休みのせいもあるのでしょうが、すごい熱気に圧倒されました。だけど若い子達はやっぱり
経験不足です。あんなに大勢で来てどうするんだ。あれでは1時間に1曲歌えるかどうか。
ま、それは連れのいないやっかみでしょうか。1時間半で予約しましたが、クラは1時間も
やれば息絶え絶えで、あとは桑田の新曲「君にサヨナラを」と森新一の「おふくろさん」を
じっくり練習しました。後者はコンサートの演歌メドレーで歌うので、その練習です。

「おふくろさん」はそれ程好きな曲ではありませんが、団から指名されたからには心をこめて
ベストを尽くさない訳にはいかず、多分コンサートでは熱唱することになるでしょう。
「君に・・」は例によって英語か日本語か判らない歌詞で、フレージングも親父には付いて
いけない桑田節で、まだ3割方解明出来ていませんが、金曜位までにはマスターする積りです。

ところで、カラオケでは画面に歌詞が出ますが、譜面とコードも出してくれるとミュージシャン
には有難く、正しく歌えて且つ売上も増えると思うのですが、コストが掛り過ぎでしょうかね。
by nakayanh | 2011-03-23 21:42 | 音楽
東北・関東大地震後10日経ちましたが、我が家は未だに計画停電の区域に入っておりません。
当初はⅠグループでしたが、翌日にはいつの間にかⅤグループに変更され、今日の東電の発表
では我が家の住所はⅠとⅤの両方の表示があり、どちらに属するのか判りません。今の段階
(21日23時半)では市のHPにも明確に出ていません。停電の有る無しのみならず、所属グループ
まで何故こうころころ変えるのでしょう。

テレビのACジャパンの広告の繰り返しにはうんざりしていますが、同じような思いの人は多い
様で、抗議が殺到し、ACジャパンが謝罪文をHPに出したそうです。以前から何となくきれい事
の内容が多く、胡散臭さを感じていましたが、今回イメージが相当悪くなったと思われます。
各社がCMを自粛しているからだそうですが、民放は地震直後の二日くらいはACのも含め全く
CMを流していませんでした。何故それを続けないのでしょう。今のままではACのマイナス
イメージが更に増すばかりだと思います。対策として民放の番組は観たいものだけ録画して、
CMを飛ばして観ることにし、ライブはNHKを観ることにしています。

昨日今日と駅前で震災の義捐金を募るため、主婦や子供達が並んで大声を張り上げています。
主旨は結構だしご苦労なことですが、私の場合銀行を通じて共同募金に振り込んだり、マラソン
仲間のサークルで取り纏める寄付にも応分の負担をしているので、駅前の呼びかけには応じず
通り過ぎても良いと思うのですが、何となくプレッシャーを感じてつらいです。赤い羽根の様に
エビデンスがあれば胸を張って通り過ぎることが出来るのかも知れませんが・・。それとも
僅かでも良いから何度も寄付するのが良いのでしょうか。悩むところです。

昨日、蕨の老人ホームにいるお袋を見舞いに行きましたが、蕨駅からいつも乗っている運賃
100円のコミュニティ・バスが運航停止になっていました。ガソリンが調達出来ないから、
とのことでした。コミュニティ・バスを利用するのは地元のお年寄りが圧倒的に多いと思うの
ですが、きっと不便されていることでしょう。蕨市が運営している筈ですが、ちょっと情けない
話です。弱者から切り捨てられる典型のようにも感じました。
恐怖のM9.0から1週間経ちました。まだ余震は続き、行方不明の方も数多く、避難所にいる
方には心休まらない日々を過ごされていることと拝察いたします。

計画停電5日目ですが、我が家は未だ実施区域に当たらないらしく、一度も停電しておりません。
申し訳ない様な気もしますが、こればかりは東電の決めることなのでお任せするしかありません。
取り敢えず昔勤めていた銀行の支店へ行き、僅かばかりの義捐金を赤十字に振り込んできました。
家庭の電気も極力点けない、使わないようにしています。今のところそれしか協力できることは
在りません。居住する自治体のボランティア受入れ体制が整ったら、出来る範囲での協力をして
行きたいと思います。それまでは供出出来そうな衣類を整理しておく位でしょうか。

サッカーJリーグは当面中止、プロ野球もパは開幕延期等、スポーツ界その他イベントにも中止・
延期の動きが多く見られ、なかなか複雑な思いです。被災者の苦労や不幸を想って中止・延期
する気持ちも判るのですが、個人的には、少なくとも職業としてやっている方の活動は、出来る
範囲、無理のない範囲でやった方が良いのではないかなと思います。パ・リーグは現実に仙台の
楽天が無理でしょうから、開幕延期も已むを得ないでしょうが、セリーグは可能なのだから
やれば良いと思います。ただ、やはりデーゲームでやるべきでしょう。費用は同じだから
ナイターで良い、という意見も聞かれますが、電力消費量はどう見ても夜の方が多く使います。
品性が感じられない読売会長の意見に賛同する訳ではありませんが、プロ野球の選手は野球を
するのが仕事で、遠慮する必要はないと思います。職業に貴賎、軽重の区別ないのだから、
一生懸命それをやるべきです。被災者に勇気や元気を与えるためにやる、というのは
思い上がりで不遜だと思いますが、野球選手が一生懸命野球をすることで、結果として
観ている人が元気付けられることは十分あると思います。高校野球はプロではありませんが、
学生は春休みにやるのが適切です。

日本全体が危機に有る今こそ、それぞれが被災地の方々に思いを寄せつつ、消極的にならずに
前を向いて自分の出来る範囲のことをする、一生懸命生きる、ということが大切ではないかと
思います。
今回の大災害で本当によくやっていると思うのは枝野さんです。他人が皆馬鹿に見えるような
印象の仙石さんにはとても勤まらなかったでしょう。枝野さんはきちんと判り易く説明した上、
マスコミの七割方的を射ない質問にも、きちんと誠意を尽くして答えており頭が下がります。
管首相はまあ予想通りの恰好付けのパフォーマンスだけ。他に目に付いたのはNHKの科学担当の
山崎さん辺りでしょうか。NHKのアナウンサーは交替しているのに山崎さんは最初の3日間殆ど
出ずっぱりでした。NHKのエースと言われる夜7時のアナと9時の大越さん、青山さんも
良くやっていると思います。いざとなるとやはりNHKを見てしまうので、民放は良く判りません。
加えてACの広告が鬱陶しくて民放はあまり見る気になりません。NHKで気になったのは、福島
原発1号機の最初の爆発の映像を全く流さなかったことで、アナウンサーや解説者の頑張りとは
別に、何らかの情報操作は十分に感じ取れます。そういう意味では完全には信頼しきれません。

ところで、全く訳が判らないのは、今日は関東地方が寒く、電力消費量が限界を超えそうなので、
突然の停電もあり得るという政府や東電の発表です。何を考えているんでしょうか。我が家は
この4日間全く計画停電を実施されておりません。計画停電通りにやって猶且つ消費量が
オーバーしそうだから突然の追加停電があるというのなら判るのですが、計画停電通りに実施
しないで、突然停電になるかもしれないとか列車の本数を減らせというのなら、何のための
計画停電なのでしょうか。そういうことを枝野さんに尋ねるマスコミも誰もおりません。
計画停電は実施されなくても我が家はこれ以上無理な位節電はしています。こんな非常時に
首都圏で健常者が暖房器具を使っていたら非常識と言えましょう。スポーツジムへガソリンを
使って車で来る人も同様だと思います。

今夜から実施される予定の自衛隊の放水も良く理解出来ません。1分放水したら水を汲みに行く
というのです。長篠の戦でさえ鉄砲隊は3列縦隊で1列目が打ち終わったら次の列と交替して、
後ろで弾を籠め準備するという流れ作業でした。自衛隊の放水車は1台しかないのでしょうか。
火縄銃以下で信長や9歳の江に笑われてしまいそうです。

今日は円高が進行して過去最高値を更新したそうですが、元ディーラーとしてはこの円高は
せいぜい1週間しか続かないと思います。こんな日本の円が買われる訳がありません。今は
円調達の為に外貨建ての債券を売る動きに合わせて投機筋が売っているだけで、一巡すれば
円安になるでしょう。
計画停電が始まって三日経ちましたが、我が家は未だ実施区域に入らず貢献できていません。
Ⅰ~Ⅴグループの内の該当グループの一部が実施されるということで、慣れればそれはそれで
当初は無計画に見えたのも、一つの秩序なのかも知れません。停電になるグループに該当する
時間帯は何時停電になっても困らないように準備しておけば良い訳ですから。

一昨日15日松戸の図書館にいた際、午後1時前に停電になりました。いつもは設備の整った
金町の図書館に行くのですが、何時余震が来るかも判らない中、自転車で葛飾大橋を渡るのが
不気味で松戸にしたものです。事前に係の人が「12:20から停電になります。暗くて暖房も
消えますがご辛抱下さい。」と知らせてくれていたので、心の準備は出来ていました。その時刻に
なっても電気は消えず、なあんだと思っていたら、12:50に停電になりました。でも窓の明かりが
あるので全く不自由はありません。朝コンビニで買っておいたサンドイッチの昼食(商品の入替
時刻だったか買占めによるのか判りませんが、おにぎりはなかったのです)を食べて、1時過ぎ
図書館を出ました。自宅へ帰る途中の道は信号が消えていましたが、これも不自由は感じません。
信号があると車は黄色で余計アクセルを踏んで突っ込んできますが、信号が無いとどちらの方向の
車も自ずと徐行して譲り合い、却ってスムーズです。特に歩行者や自転車が優先され快適です。
大きな交差点では警官が慣れない手信号で交通整理してくれますから、これも左程渋滞しません。
要するに信号が多過ぎるのです。それが弱い人への労わりのない車優先の非人間的社会を
生み出しているのです。しかも、車の青信号が歩行者用の青信号より遥かに長い時間で、速度の
遅い人間が必死で渡らなければならないなんて笑止千万、人間軽視です。あろうことか車社会は
歩道橋なんて言う非人道的なものまで編み出しました。お犬様優先の綱吉の発想です。
以前赴任していたイギリスの郊外や生活道路では信号は殆どありませんでした。交差点は
ラウンドアバウトという右回り右優先のルールがあり、ゼブラクロッシングという横断歩道では
歩行者優先が絶対、どんな車でも人が渡っていれば必ず止まります。横断歩道手前でアクセルを
踏む日本とは大違いです。大人しく秩序正しい?日本人が、車を運転すると人格が変わるのは
何故なんでしょうか。

自宅では節電を心掛けるようになりました。リビングの明かりも昼間は点けず、夜間は半分に
減らし、暖房は全く点けない。テレビもニュースを知りたい時だけ点ける。今はどの局も
地震関連の同じようなオールドニュースを何度も繰り返し、その合間にACの退屈極まりない
CMが繰り返し流れているので、テレビを観る必要が殆どありません。余震の時や緊急警報時、
7時のニュース時等で十分です。それで少しも困らないということは、今まで如何に安易に電気を
消費していたことかということです。PCでこの雑文を書き込むこともエネルギーの無駄遣い
かも知れません。

昨日は三日振りに通っているスポーツジムが開いたので、トレーニングに行きましたが、
マシンを使っての筋トレは良いとして、エアロバイクを漕ぎつつ、これは電気の無駄遣いでは
ないかとちょっと悩みました。でもそれだとジムの会員でいること自体が無駄なことだし、
そうやって無駄?を排除して行くと、どんどん経済活動そのものがシュリンクして縮小均衡に
陥りかねません。欲望資本主義の様な野放図な経済成長は良くないとしても、無理のない
安定的な経済成長(sustainable economic growth)は豊かな社会の為に必要とも思います。
この辺のバランス感覚はどうすれば良いのか迷うところですが、要は、今の時期は不要不急の
事柄については、ある程度の自粛が必要ということなのでしょう。

こんな拙文を書く為にPCを使うのも電力の無駄遣いだとすると、これを読んで下さっている
あなたも・・・!?。でもどんな時でも人間は多少の遊び心が精神衛生上必要ですよね。
さて今日の我が家はもう直ぐ、9時過ぎから計画停電の担当グループです。
昨日始まった東電の計画停電について、今朝の産経新聞の一面見出しは「無計画停電」とあり、
正に的を射た表現だと思いました。

我が家は千葉県の松戸市に在りⅠグループとⅤグループに分かれる内、栄誉ある?Ⅰグループに
含まれていました。(これが明確になったのは14日即ち実施当日の未明でした。前夜から調べ
始めましたが市のHPが開かず、照会窓口の電話も通じずで、結局やっとPCで市の情報が
得られたのは未明で、しかもⅠグループは朝6:20からとのこと、もう直ぐです。しかし朝に
なっても停電にはならず、結局昨日14日にはⅠグループは実施されず、Ⅴグループの一部が
実施されただけでした。そのⅤグループに千葉で一番被害の多かった旭地区の避難所が含まれて
いたのですから、旭地区の方は踏んだり蹴ったり、人道上の問題とも言えます。

今日は、Ⅰ地区は午後3:20から実施の予定でしたが、結局我が家の地域は実施区域に入らなかった
ようです。被災者の方のことを想えば多少の不便は仕方なく、覚悟は決めているにも拘らず、
やるやると言いつつ東電はその通り実施しない。多分影響を最小限にしようと気遣っている
とか、鉄道や産業への影響が余り出ない地域を選んでいるとかでしょうが、余計なお世話と
思えます。やると決めたら予定通り開始して、十分な電力が確保されたら予定時刻より早めに
終わってくれる方が余程こちらも動き易い。折角停電の準備をしていてもはぐらかされる
ばかりなので,その内準備がおろそかになる、狼少年の寓話通りの筋書きです。

計画停電の思い切りの悪さは、原発への対応とも共通しているのではないかと懸念します。
最初からコンサバティブに対応しておけば良いのに、対応を小出しにした結果4つの原発全部が
爆発、日本全体が危機に晒されています。戦力の逐次投入は日本の第二次大戦に於る失敗要因の
最たるもので、同じことが今回の東電の対応に現れている様な気がします。これは放射能漏れ
という物理的な危機に留まらず、世界の日本に対する信頼の危機でもあります。原発はやはり
安全ではなかったと思わざるを得ません。原発事故が被災者への対応を遅らせ、集中を欠き、
新たな被災を生んでいることはまことに悲しく、悔やんでも悔やみきれません。

今回の天災とそれに付随した人災が、政治・経済・教育から相撲やお笑いに至るまで全ての
分野で閉塞していた日本を根本から見直し、便利さや快適さだけを野放図に求めるのではなく、
謙虚さや責任感・公徳心を伴った新しい秩序ある日本に再生するためのきっかけになることを
祈るばかりです。
今回の地震で被害を受けた方々に心からお見舞い、お悔やみを申し上げます。

当方は家族全員無事です。以下、私の地震遭遇状況です。

3/11の地震当日は、朝から花粉症の薬を貰う為耳鼻科と眼科で受診、いつもより2時間遅く
11時過ぎから午後1時過ぎまでジムでトレーニングの後、午後2時半頃葛飾区金町の図書館へ
向かう途中、3時前にJR金町駅の構内で地震に遭遇しました。

直ぐに4駅離れた自宅に引き返そうと思いJRの復旧を待ちましたが、とてもその見通しは
立たない為、タクシー乗り場で30分余り待って4時過ぎにタクシーに乗車、5時前に帰宅
しました。

携帯がなかなか通じず家族の安全確認に苦労しましたが、それでも何度か試みる内地震発生から
30分程度で女房や娘とメールで連絡が取れました。4時過ぎにワンセグでニュースを見て
宮城北部の震度7を知りました。

8階建てマンション2階の自宅では、玄関の金魚の水槽は無事でしたが、揺れで水が大量に
こぼれ、ドアの外まで濡れていました。室内は本棚の一つが倒れて本が散乱した他、写真立てや
額縁などが床に落下していました。でも表面がガラスではなくアクリルだったのでいずれも
無事です。その他は一部の家具の位置が少しずれていた程度で、食器類は無事でした。
転倒防止の留め具を付けていた箪笥は一部扉が開いていましたが無事でした。

昨夜は余震も多く不気味な為、テレビを付け服を着たまま就寝しましたが、3時頃の余震以降は
眠れませんでした。もう一晩同様にするつもりです。当面まだ余震があるようですので、
皆さま何卒気を付けてお過ごしください。
芥川賞受賞作2作を月刊文芸春秋で読みました。

朝吹真理子「きことわ」は逗子に別荘がある家の娘である貴子と、別荘の管理人の娘である
永遠子との交流の話で、文章も上手く描写も巧みで読み易い作品ですが、何も起きず盛り上がる
ことなく突然終わります。作者が仏文学一家の令嬢だけあって、如何にも上品でアンニュイな
雰囲気が小説に満ちており、悪意のない善人ばかりが登場するので、とても良い読み心地です。
著者は週刊文春の対談で「この作品で何を伝えたかったか」との問いに対し、「何もない。
作者は署名責任はあるが説明責任はない。」と答えています。確かに、芸術作品を作者が説明
する必要はないと思いますが、「私としてはこういうことを表現したかったのだけれど、読者が
どう感じるかは自由です。」位は言ってくれても良さそうな気もします。小津安二郎監督晩年の
秋三部作が娘の結婚以外何も起きず、マンネリとの評もありますが、私には全くそうは見えず、
ただただ美しく、切なく、可笑しい素晴らしい作品に見えるのと共通するのかも知れません。
とすれば、まだ若い著者がこれから色々な人生経験を積んで人として成長すれば、元々表現力が
あるだけに、更に佳い作品、心に沁みる作品が出来て来るかも知れません。

西村賢太「苦役列車」これも読み易い小説でした。読み易いというのは小説としてとても重要
だと思いますが、内容に魅力を感じるかというと、正直に言って私には感じられませんでした。
90%事実の私小説と著者は言っていますが、主人公寛太は父親が性犯罪を犯した二十歳前の
中卒の若者で、やる気なく、飽きっぽく、怒りっぽく、怠惰な性格で、日雇い労働でその日
暮しをするだけの生活振りが描かれています。印象的には何時犯罪を犯しても不思議ではない
人物で、こんな人の日常を描写することに何か意味があるのか、読む価値があるのか、私には
よく判りません。これだけの文章力があり、作品に纏める力もあるのだから、著者は決して
この作品の主人公と9割方同じとはとても思えませんが、「自分には私小説しか書けない。
芥川賞の賞金で風俗に行く資金が出来た。」というようなことを言っていますので、あまり
期待は出来ませんが、どうせ私小説を書くのなら、願わくはこの青年が芥川賞を獲るまでの
出世物語も書いてもらいたいものです。

このところ毎回のように思うのですが、芥川賞は、文章さえ良ければ内容は問わないのか、
撰者の懐の大きさか、芥川賞の価値を自ら貶めているのか、どうもよく判らず複雑な思いです。
by nakayanh | 2011-03-09 06:22 | 読書
テレビ観戦しました。

一般参加、旭化成の24歳堀端選手が2:09:22で3位に入り世界選手権出場を決めました。
年齢が若く、身長も189㎝と大きくて将来有望です。市民ランナー並みの絞り切れていない
体型でサブテンですから、本気で取り組めばモノになるかもしれません。

優勝はケニアのキブサング選手で2:06:13で圧勝。これこそ世界水準でしょう。堀端選手は
1k以上も離されたのですから、今のままでは勝負にならないし、まして実業団の他の選手は
トヨタの今井選手も含めて何か指導法、練習方法、あるいは本人の取り組み姿勢が間違って
いるとしか思えません。今日の琵琶湖は気温11,2度、微風で最高のコンディションでした。
ギブサングが6分台で走っているのだから言い訳の余地がありません。日本の実業団レベルの
低さは悲しくなるほどです。国内の推薦選手がどのレースでも悉く結果を出せないのだから、
根本的に何かが間違っており、それを改めない限りいつまでもこの状況は続きそうです。
これで世界選手権への出場が3名まで内定しましたが、枠が5名だからと言って5名全部選ぶ
必要があるのか疑問です。