人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

月曜夜久々に行きました。1年位前に一度覗いたら、満員で諦めたのですが、
この日は客は数名でガラガラ。「どの席でもどうぞ」と言われて4人掛けテーブルへ。

ビール中、わさびいも、燗酒。その後も客は数組だけで総じて閑散、花番の小声の私語が
気になるほどでした。お陰でのんびり酒を飲み、仕上げはおかめ蕎麦。ここで種物は
初めてです。つまみに巣ごもり蕎麦を食べたことはありますが。具は厚切りの蒲鉾二枚と
板麩、湯葉、真ん中の生の鶉の卵は鼻の見立てでしょうか。汁も濃過ぎず蕎麦も旨い。
種物でも蕎麦湯を出してくれるのが嬉しいです。老舗には珍しくややポタージュ系の蕎麦湯
でした。後ろの中小企業の社長らしき親父が同伴の部下や花番に何かとうるさいのが少し
興醒めでしたが、下町の場所柄仕方ないのでしょう。

焼き鳥、鳥わさ系の肴があれば申し分ないのですが。古風な注文の通し方は相変わらずでした。
by nakayanh | 2010-04-28 00:06 | 蕎麦
先週土曜日、朝8時に並んで当日券を買い第三部を観ましたが、豪華メンバーでの助六や
実録先代萩に魅了され、24日の土曜日も再度出掛けてしまいました。

先週はみぞれの降る中8時に並んで前から35番目でしたから、千秋楽が迫ってきた今週は
更にヒートアップすると思い、同じ位の順番で並ぶため1時間早めて6時出発、7時に
歌舞伎座に着きました。しかし考えが甘い!既に70人以上の列でした。三部ある各公演につき
40枚ずつ、全部で120枚の補助席チケットが発売される筈なので、前の人が皆2枚以上
買うととてもここまで回ってきません。でも一人の客もいるだろうから買えるかどうか微妙だな、
と思いつつ取り敢えず並びました。回りの人と情報交換もしながら待っていましたが、
誰も確かな情報を持っている訳でもなく、一通り話すと後は時間を有効に活用すべく読書等に
専念しました。否応なく集中できるので、並ぶ準備さえして並べば意外に退屈しないものです。

8時過ぎには係員がカウンターを使って順に必要枚数を訊いてゆき、私の2,3人後ろで
sold outになるようでした。ただこれはアバウトなので、その後ろの人達も結構並んだまま。
確かに、キャンセルされた切符の転売も多少あるので、待つ価値はありそうです。
第三部は一番人気の為列の前の方で売り切れますが、私は第二部希望なのでまず大丈夫そう。
7割方安心して待つことが出来ました。

1冊読み終えて読書にも飽きたので、朝日と日経の土曜版に付いている数独にトライ。
数独は好きなのですが、本まで買ってやると時間を使い過ぎるので、新聞と週刊誌に
出ているものだけトライするようにしています。日経のは直ぐに解けましたが、今週の
朝日のは最高難度の☆5つで、1時間近く考えて2,3か所しか埋まりませんでした。

そうこうしている内、10時で発売開始、結構スムーズに列が捌けて、10:30には
無事切符を買えました。第二部は1等の切符もまだ有りましたが、安い2等席にしました。
2階の一番後ろなので、立ち上がって観ることも出来、意外に見易いのです。

教文館、山野楽器、つばめグリルで時間を潰して2:30入場。「寺子屋」を幸四郎、玉三郎、
仁左衛門、勘三郎が熱演、三人吉三は団十郎、吉右衛門、菊五郎の贅沢さ。最後は
藤娘を藤十郎が華やかに踊りました。十分に堪能。新歌舞伎座は今年の秋から工事を始め、
確か2013年の初め頃に完成する予定です。

朝日の数独は結局日曜の朝やっとのことで解けました。延べ2時間以上掛ったと思います。
by nakayanh | 2010-04-26 03:41 | 歌舞伎
本当に痛ましい事故でした。あの事故の暫く前、福知山マラソンに行くため利用し、
又、近くの蕎麦屋に行くためあのカーブの辺りを歩いたことがありますが、
如何にも不自然な急カーブで、あそこにATSを設置していなかったというのは
人災としか言いようがありません。

ところで、私の言いたいことは、この事故の影響だと思うのですが、最近のは鉄道は
人命第一を大義名分に、ダイヤが遅れることを恥ずかしいと思っていないと思われる点です。

最近地下鉄に乗っていてよくあるのが、「後ろの電車が遅れている為、この列車も暫く
時間調整を致しますのでご了承ください。」といった類のアナウンスが多いことです。

こんなあほな話があるでしょうか。前が遅れてつかえているのなら仕方ないですが、
後ろが遅れていることを理由に、折角オンタイムの列車まで遅らせたら、益々遅れる人が
多くなります。一台遅く乗ったために遅れるのならツキがなかっただけの話です。
しかしそれを見越して早く乗った人まで何故付き合わせる必要があるのでしょうか。

改善してほしくて意見を述べると、より不便な方、安易な方に改悪されるという事態は
央々にしてあります。誠に不思議というか、残念で1人減というのは始末に負えない
生き物です。
詩人の大岡信、歌人の岡野弘彦、小説家の丸谷才一の三人による連句、とそれを作った時の
感想鼎談です。

4,5年前まで月刊文春の新年号に毎年新春句会というのがあって、野坂昭如や矢野誠一、
小沢昭一、岸今日子、富士真奈美、等の面々の句会と称した座談会で楽しかったのですが、
少しそれに似ています。新春句会は野坂昭如が元気で亡くなった頃から、断りもなく
自然消滅してしまい残念でした。

新春句会より少し上品というかスノッブな面も有りますが、言葉の遊び、連想の豊かさ、
発想の大胆さ等、これだけ言葉に詳しくないと良い俳句は読めないのだなと気付かされます。

比べるのもおかしいですが、テレビの下品で詰まらないバラエティやクイズ番組より、
遥かに心地良く笑えますし、それでいて知的な喜びも満たされる感がします。
by nakayanh | 2010-04-25 08:37 | 読書
阪神の金本選手の連続全イニング出場記録が途切れました。
凄い記録、鉄人と讃える声が多いのですが、私は下らない、と言っては言い過ぎですが、
傍迷惑な記録だと思っています。十分な活躍をしているのなら勿論素晴らしいのですが、
昨年の後半位からは意味のない連続出場でした。去年阪神が優勝出来なかった一因でもあり、
今年も打撃1割台で外野からまともな返球も出来ない選手が4番に居座っていては、
チームの士気にも関わることだと思います。自らの決断が半年は遅く、折角の記録に
汚点を残したと言わざるを得ません。昔の鉄人衣笠の時も同じように思っていました。

そもそも野球はチームプレイで勝利を目指すものなのに、それより個人の記録を優先する
監督の考えが理解出来ません。もっと前に真弓監督自ら金本選手に言うべきところを、
金本選手から言い出したのを監督が一旦慰留したというのだから、監督としての資質すら
疑ってしまいます。この件に関しては辛口のノムさんでさえ夜のスポーツニュース番組で、
「監督からは言い出しにくかっただろうから、選手が申し出てくれて真弓もホッとしただろう。」
というようなコメントをしていて意外でした。ノムさんも基本的に情の人だし、
自らの記録にも拘った人なので、理解できなくもありませんが。

大関魁皇の記録も同様に下らない記録と思っているのですが、これは大関在位の条件が
甘過ぎるのが根本の理由で、下手に横綱になるより大関で長くやる方が総合的に
メリットがあるようにも思います。是非若い新任理事に改革してもらいたいものです。
魁皇は脇が甘く、元々横綱の器ではありませんが、それを武器に小手に決めては相手を
傷つけるという取り口ばかりで、相撲の取り口の品のなさでは朝青龍の比ではありません。
あんな魁皇に総理大臣顕彰を贈るのだから、鳩山総理のピンボケも相当なものです。
歌舞伎座さよなら公演もいよいよ今月が最後の月となり、切符も良い席が取れないし、
まあ歌舞伎は何時でも見れるから良いやと思っていたのですが、残りあと半月に迫ると
やはり見ておかなくてはと思い、当日券を買うため土曜日朝7時に家を出て歌舞伎座に
行きました。8時過ぎ着。2時間並んで何とか第三部の補助席券をゲットしました。

公演は6時過ぎから。出し物は「実録先代萩」と「助六由縁江戸桜」。
「先代萩」はお馴染の「伽羅先代萩」と微妙にストーリーが違いますが、芝翫が正岡を
しっとりと感情豊かに熱演。3年後の新しい歌舞伎座でも頑張ってほしいなあ。

「助六」は歌舞伎十八番お家芸の団十郎が助六を演じ、口上を海老蔵、揚巻を玉三郎、
白玉を福助、白酒売を菊五郎、門兵衛を仁左衛門、意休を左團治、通人を勘三郎、
福山を三津五郎、等々超豪華な顔ぶれです。現歌舞伎座最後の公演の最後の出し物
ですから当然なのでしょう。中身もそれぞれがチョイ役でも持ち味を生かし、
歌舞伎の醍醐味を十分味わわせてくれる素晴らしいものでした。中でも勘三郎は軽妙洒脱、
見事な存在感で、出てくるだけで観客を惹き付けました。以前と違って、
今こういう演技が出来る役者はなかなかいないように思います。吉右衛門がやや
それに近い味を出せるでしょうか。

苦労して切符を手に入れた甲斐は十分にありました。2階最後列の補助椅子は
立ち上がっても文句を言われないので、そこそこ花道も見え、値段以上に快適でした。
by nakayanh | 2010-04-18 20:29 | 歌舞伎
蕎麦も食べたいし花見もしたいと思い思案した挙句、谷町の蔦屋を思い出しました。
ここなら向いが銅座公園で桜もあります。訪れるのは2,3年振り位でしょうか。

土曜昼開店10分前の11:20着。外を掃除していた花番さんが迎え入れてくれました。
赤ちゃんをおんぶし、小さな男の子を連れた若女将が私を見憶えていてくれて
挨拶しました。
前回行ったのは上の子が生まれた頃だったのに、月日の経つのは早いものです。
店内にあった雑誌の「あまから手帖」を見、窓から見える桜も眺めつつ鴨椀を肴にビール
中瓶。長閑でいいなあ。午後ブラバン練習なので酒は我慢して手挽き蕎麦を註文。
私が一番乗りでしたが、程なく客が次々に来てほぼ満員。以前は開店前に客が
並んでいて、あまりの人気に辟易してしばらく敬遠していたのですが、丁度良い
混み具合になったようです。以前より少し値上げしたのと、近くに文目堂など良い
蕎麦屋が出来たからでしょうか。値上げと言っても以前が安すぎたので今も充分
リーズナブルな価格です。若女将は子供たちの世話で忙しく別の花番さん二人が
忙しく立ち働いていました。

蔦屋、月山、文目堂と地下鉄谷町線一駅毎に良い蕎麦屋があり、どこに行くか迷って
しまいそうです。
by nakayanh | 2010-04-13 00:33 | 蕎麦
私のブラバン春の2大イベントの一つである、大阪のあべの吹奏楽団のスプリング
コンサートが本日終了しました。大阪単身赴任時代に入ったバンドで、もう丸5年に
なります。演奏する曲目が楽しいのとクラリネットが手薄なので、未だに時々行って
演奏しています。大体土曜に京都を見物して、日曜午後に大阪で練習というパターンです。

当楽団は今年で設立10年目。楽しい曲が多いという理由は、老人ホームや保育園等への
訪問演奏や地域の区民祭への出演など、演奏を喜んでもらうための機会が多く、老若男女
にお馴染の曲目を選択することが多いからです。

今年のコンサートもディズニーメドレーや童謡メドレー、日本のわらべ歌、和田アキ子
メドレー、星条旗よ永遠なれ、等等でした。大阪人主体故サービス精神も旺盛で、
色んな趣向で楽しんで頂きます。もうひとつ所属している職場(銀行)のバンドと
比べると違いは歴然、こちらはやはりお堅いというか、不器用というか、
エンタテインメント性には欠けますが、個々の団員の技術は勝っているかも知れません。

今日の演奏は私に限って言えばかなり練習不足で、曲を完全に消化し切れておらず、
やや不完全燃焼でした。全体には練習時と見違えるほど良い出来だったと思います。
by nakayanh | 2010-04-12 00:12 | 音楽
日曜の大阪でのコンサートに向け、銀座のカラオケルームで個人練習。
その後久々に泰明庵に行きました。相変わらずの賑いで花番さんは
てんてこ舞いの忙しさ。注文をするのもなかなかタイミングが難しいです。
刺身や蕗の薹天ぷら、厚揚げ焼き等で一杯やって、締めの蕎麦にカツ蕎麦を
注文しました。店内に掛っている品書きには出ていませんが、カツ丼が出来るから
出来る筈だし、泰明庵は客の無理難題にも答えてくれるようなので、勇気を出して
聞いてみました。カツ丼用の結構分厚いカツ4切れ入りのかけそば。邪道ゲテモノと
笑わば笑え、衣に出汁がしみたカツは最高です。
by nakayanh | 2010-04-09 00:42 | 蕎麦
公私とも気ぜわしく多忙で、2週間ブログも更新出来ませんでした。
未だ忙しさは続いています。

公は勿論年度切替り時期特有の仕事が多いからですが、私は4/11に大阪、
5/23に東京で、それぞれ所属するブラバンのコンサートがあるためです。
土日は殆ど練習で潰れますが、下手な私はウイークデイも仕事帰りに、
時々貸スタジオで個人練習しないと追い付きません。

そんな訳で、なかなかブログに書き込めませんが、まずまず元気にやっています。

読書は相変わらず松井今朝子の歌舞伎もの中心。大リーグ松井秀樹の親書も読みましたが、
彼らしく如何にも真面目で本自体はいまいち面白みに欠けました。

今月日経「私の履歴書・有馬稲子」は面白いです。それに引き換え、先月のユニチャームは
詰まらなかったなあ。どうして政治家や経済人の履歴書は面白くないんでしょう。
まあ、理由は判っていますが。

昨日のサッカーセルビア戦は余りにもひどかった。ワールドカップ2か月前に新しい
選手を使いますかね。3点負けてて後15分で未だバックスでパスをしているし、
フォワードはボールが来てもシュートしようとしない。信じられないチームです。
ボール支配率で勝負が決まると思っているとしか思えません。蹴鞠の伝統が
邪魔してるんでしょうか。

キムタクコーチは本当にお気の毒でした。37歳、まだまだ現役でやれたのに。
日ハムから来た外様だし、巨人のことだから、松本等の成長も有って半ば無理矢理
引退させられたストレスが原因ではないかと勘繰りたくなります。