人気ブログランキング |

<   2007年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

午前中トレーニングのため近所のジムへ行ったのですが、今日から年末年始休みでした。そう言えば案内の葉書が来てたっけ。でも毎日来れる有閑マダムや引退されたお年寄りはそれで良いけど、サラリーマンのためにはこういう時こそ営業してもらいたいですね。

已む無く自宅に戻って部屋の片付けをしました。まあ、どうせ午後にやる予定だったんですがね。昨日買ったMALTAのライブアルバム等を聴きながら、ここ3ヶ月くらいに溜まった本や雑誌、新聞の切り抜き、ダイレクトメール等の整理をしました。家は一戸建てには全くこだわらず(どうせ金がないから買えやしないんですが)、狭いマンションで十分なのですが、本棚だけはもう少しスペースが欲しいなといつも思います。私は読書量は言うのも恥かしい程少ないですが、読んだ本には愛着を感じて捨てられない性質なので、少ないなりに溜まっていってしまうのです。

DMは後で読もうと思って一応取っておくと、結構溜まりますが、3ヶ月後に見直すと8割方はそのまま捨てられますね。これは暫く寝かせておくのが重要なのだと思います。

3時間ほどの作業で一応見られる程度には片付きました。女房の査閲もパスし、これで何とか明日大晦日の年越し蕎麦屋酒も許され、目出度く年が越せます。

午後は突然の雷雨に吃驚しましたが、通り雨が上がったところで、ママチャリで江戸川25Kのトレーニング。帰りに正月用の酒購入、といってもいつもと同じ菊正樽酒と一番安いバーボンのFour Roses です。でも特別に出羽桜本醸造四合瓶と、1200円のBordeaux(Fouさん、スペル合ってますか)、ヱビスHopとか言う緑色の缶のプレミアムビールを追加で奮発しました。

夜はレコ大(この略し方が年輪を感じさせますね)を見ながら久々に我が家での豪華ディナーでしたが、知らない人と曲ばかりで途中で寝入ってしまいました。
銀座スイングの今年最後のライブ「MALTA」を聴いてきました。MALTAは人気が高く、なかなか予約出来ないのですが、香港勤務時代からの金融関係同業他社の友人でMALTA好きの方が、予約したけど一緒に行く予定の家族の都合が悪くなった、とのことで私に声を掛けてくださったものです。ラッキー!6時から2ステージ+たっぷりアンコールで10時過ぎまで堪能しました。
レギュラーバンドのメンバーはA.SaxのMALTAの他、E.ギター、キーボード、ベース、ドラムです。MALTAは何と言っても、センス良く力強い、スイング感、グルーブ感溢れるゴキゲンでカッコ良い演奏が最大の魅力です。演奏はオリジナル曲6割、スタンダード曲4割位の割合でしょうか。オリジナル曲はどれもセンス良く、メロディーが何か親しみやすい惹きつけられる「MALTA節」とでも言うようなものを感じます。アンコールでサービス精神から「銀座の恋の物語」や「有楽町で会いましょう」等をやってくれ、その時に「普段演歌はやらないけど、嫌いではない。どんなに演歌の嫌いな人でも日本人なら体の何処かに必ず潜んでいる。」とか「演歌が昭和の日本を支えた。演歌が敗戦後から立ち直り高度成長で発展する日本を支えた。」等茶目っ気たっぷりに話しましたが、全く同感です。
バックの4人は何方も上手いですが、特に若いドラマーが最高にカッコ良かったです。座ったのが奥の方のカウンターで、ドラムの目の前だったので、スティック捌きのテクニックを十二分に楽しみました。
スタンダード曲で演奏したのは、「五つの銅貨」「明るい表通りで」「ムーン・リバー」「クール・ストラッティン」等々でした。
MALTAといえば、今年7月放送の「響け!みんなの吹奏楽」で指導頂き、チャリティコンサートで共演してくれた「先生」なので、帰りに挨拶しました。「あれ楽しかったから、来年も声を掛けてくれたら出るよ。」と言ってくれました。お世辞でも嬉しかったです。握手もしてもらいました。
by nakayanh | 2007-12-30 01:49 | 音楽
四谷の老舗ジャズ喫茶です。
今夜は四谷三丁目のパブで会社の親父仲間4人とカラオケ大会。いつもなら殆ど客のいない店で、6時過ぎから10時過ぎまでひたすら暗めの演歌を歌い切るのですが、今日は年末ということもあってか7時過ぎから客が続々と来て超満員。歌の順番もなかなか回ってこなさそうなので、9時にお開きとなりました。已む無く皆と別れ一人ぶらぶらと四ッ谷駅に向いましたが、途中「イーグル」を思い出し、コーヒーを飲みに入りました。30年近く前、会社の要請で四谷の英会話学校に半年通いましたが、その頃ニ三度来たことがありました。去年、パブでのカラオケの帰り、久々に一度立ち寄ったことがあります。今夜は略満員。若い人ばかりでした。一人用の席で暫く聴きましたが、周りの客が煩くて30分で早々に退散しました。皆ジャズ喫茶と知ってて来ているのかなあ。今の若い人にとっては、ライブを演ってなければただの喫茶店なのでしょうか。大昔みたいに咳払いしても睨まれる様なのも異常ですが、客の殆ど誰もジャズを聴いていないジャズ喫茶にはものの哀れを感じます。
by nakayanh | 2007-12-28 00:17 | 音楽
先週土曜日大阪のブラバンの今年最後の訪問演奏に参加しました。区民ホールでの障害者の方のためのクリスマスコンサートで、幾つかの出演者の一つです。殆ど練習には参加できなかったのですが、クラリネットが慢性的に少ない楽隊なので、へたくそな私でも出してくれます。でもこちらで時々個人練習していた甲斐あって、私としてはまあまあの出来でした。夜は納会。
夜京都に泊り、翌朝は六波羅蜜寺で有名な空也像や足利尊氏像(いずれも重文)を拝観、昼は通りがかった祇園木屋町の「河道屋銀華」なる蕎麦屋に行きました。
何かの蕎麦ガイドブックに出ていたという記憶だけで入ったのですが、店内に大きな薄型TV画面がありがっかりでした。テレビが置いてあるかどうかは蕎麦の味と何の関係もないので、それで貶すのはおかしいことなのですが、やっぱり引っ掛かるものがあります。最近のテレビ番組があまりに下らないものばかりを放送しているからと言う訳でもありません。多分それはテレビはお客のためではなく、暇な時の店員の娯楽のためのインフラ、というイメージが湧くからではないかと思います。テレビを見ながら片手間に蕎麦を商っている、というイメージです。事実は判りません。生ビール中、燗酒、鳥焼き、卵とじ蕎麦。どれもまあまあですが、素直に味わえないのは私の狭量さに拠るものでしょうか。お勘定で1万円札を出したら、ふくよかな花番さんが「2600円ですが細かいのはないですか。」とのことで、財布からかき集めてぴったりの金額を支払って退散しました。うーん、何か虚しい。
by nakayanh | 2007-12-26 00:00 | 蕎麦
懸案だった年賀状の宛名書き(と言っても印刷ですが)を1時まで掛かって一通り終えました。やれやれ。でもあと一言コメントを書く作業が残っています。これは明日の朝と昼休みにやろうかな。出しても返事の来ない方は次から出さず厳選していますので、取り敢えず120枚位です。この歳になると友人知人で喪中の方が多く、この交通整理も結構な作業ですね。2年連続で喪中の方や、ご本人が亡くなった方ももいらっしゃって、無常感も感じられます。年賀状を書くのは面倒ではありますが、よく考えれば年末に賀状を書けるのは、その年家族が息災だったと言うことで、とても有り難いことなのですね。感謝を込めて一言添えなければなりません。
地球温暖化の話題が喧しいですが、日本は来年から90年比6%二酸化炭素の排出量を削減する必要があります。それは現状比だと13%位の削減だそうです。それで思うのですが、日本は暖房をし過ぎです。特にひどいのが鉄道と百貨店と常々思っています。鉄道、特に新幹線はひどい。暖かいを通り越して暑すぎます。冬は皆コートを着て移動していますから、暖房なんて必要ないのです。然るに、中で働く車掌や販売員が快適な温度に設定するためか、乗客には異様な暑さに感じることが多々あります。百貨店も同様です。どこも異様に暑くて、買い物をしたくても30分といられず、結局買わずに退散することが多いです。売上げが伸びずに百貨店は苦労しているようですが、私から見ればわざわざ物を売らないために暑くしているとしか思えません。
香港では外は年中蒸し暑いのですが、お店の中はどこも涼しく快適でした。ところが多くの日本からの駐在員は「香港人は冷やすのがサービスだと思っている。」と揶揄するのが常でした。香港人が冷房をサービスだと考えるという論理で言えば、私に言わせれば、日本人は暖房をサービスと思っているということになります。どちらを選ぶかといわれると、断然香港を選びます。
不要な暖房を廃し、車の規制をすれば、まだまだ幾らでも温暖化防止は可能だと思います。
今週、来週と忘年会が続きます。会社絡みの時間も金も無駄な忘年会も結構多くて、これはうんざりです。今日はマラソン仲間の忘年会、明日は大阪でクリスマスの訪問演奏の後、ブラスバンドの忘年会です。こういう趣味の仲間との忘年会は楽しいですね。わざわざ忘年会をやらなくても、年のせいでどんどん忘れっぽくなってはいるのですが。
取り敢えず今日の昼間は暇なので、これからジムでトレーニング、その後クラリネットの練習の予定です。あー、年賀状の宛名書きもしなくちゃ。
一月振りでしょうか。今日木曜6時頃伺いました。先客二組。ビール中、熱燗、そばとろ、鴨はつ焼き、刻み蕎麦。週刊文春を読みながらのんびり一時間余過ごしました。隣の先客は引退したサラリーマン二人が後の二人を待つこと小一時間。誰を待っているかというと元の部下で今は現役バリバリのエリートという感じです。おそらく引退した昔の上司が、社の現状を聞きたくて、後輩を誘って場を設けたのでしょう。元の部下二人にしてみれば、幾ら以前の上司とはいえいい迷惑です。仕事は忙しく、暇がないのに、断るに断れず、申し合わせたように一時間近く遅れて、「待ち合わせ時間1時間違ってませんでしたっけ。」などと見え透いた嘘を言いながらやって来ました。切ないサラリーマン人生です。こうまでして交流を図る必要があるのかなあ。OBにしてみればそうやって現役エリートから新しい情報を仕入れることに意味があり、他所で自慢になるのでしょうが、後輩にすれば時間の無駄で勘弁して欲しいと思っていることでしょう。それより一人で週刊誌を読みながら憩ってる方が誰にも迷惑を掛けず、知識も増えて良いと思うんですが。たぶん客観的には私が偏屈なだけなのでしょうね。
今年の大晦日はよし房で食べてまつやの持ち帰りにしようかなと思っています。若女将に聞いたら開店時はそんなに並ばないとのこと、つまみや蕎麦の種類は限られるようです。
by nakayanh | 2007-12-20 21:32 | 蕎麦
東京国際女子マラソンが来年で終了するそうです。昨年から始まった東京マラソンと二つやるのは警備上無理、との理由とか。おかしな話です。だったら後発の東京マラソンを始めなけりゃ良かっただけの話です。去年は伝統ある青梅マラソン開催日にぶつけ、今度は東京女子を吸収しようという、石原都知事らしい傍若無人なやり方でとても好きになれません。東京マラソンは参加申し込みが5倍位の異常な倍率で、私の友人のランナーで当選した人は殆どいません。陸連登録者は殆ど当選しているそうです。これもおかしな話で、大抵の健全な市民ランナーは陸連登録なんかしていないのに、何故陸連登録者を優遇する必要があるのでしょうか。真面目な市民ランナーのための都市型マラソンとはとても言えず、応援する気にもなれません。朝日は東京女子が東京マラソンに組み込まれるのを拒否し、来年で打ち切るとのこと、未だ紆余曲折はあるのでしょうが、取り敢えずは筋を通し、東京都に迎合しなかったのは立派と思います。個人的には東京マラソンはボイコットする積りです。といってもテレビを見ない、応援にも行かない、程度のことですが。

福士加代子選手がついに来年の大阪国際女子マラソンを走るそうです。これは楽しみです。彼女の10Kの実力からして、ペースを間違えなければ多分2:20~22位では軽く走れる筈で、北京は野口、土佐、福士でまず間違いなく、実現すれば過去最高の強力布陣と言えます。高橋Qちゃんは名古屋を走るそうですが、ピークを過ぎた今の彼女の実力では2:24,5位がベストで、福士の記録を上回るのは難しいのではないかと予想します。勿論福士は初めてのフルマラソンだし、大阪と名古屋の当日のコンディションにも拠りますから、一概に決め付ける訳には行きませんが、同じ位の気象コンディションで順当に実力通りにそれぞれが走れば、と言う前提です。Qちゃんは流石に年齢的にピークより落ちているし、何より小出監督から離れて自分のチームで練習したのが選手生命を短くした、と言わざるを得ません。身内だけではどうしても甘えが出るでしょうから、効率的で充実した練習が出来ているとは思えません。
神田まつやのご飯物シリーズ、これ蕎麦のカテゴリーで良いんですかね。
親子丼が千円のところ、上は1200円、サラリーマンのランチとしては結構勇気が要りますが、まつやの品書き全品制覇の大望ありますので、今日のお昼に躊躇することなく頼みました。
待つこと7,8分、出てきた品は下品な丼なんかじゃなく蓋付きのお重入りです。ご飯の中程には海苔が敷いてあり、吸い物の具も多く、漬物は種類が倍以上。さすが2百円の差は大きいです。周りの人の羨ましげな視線を感じながら、セレブらしく上品に頂きました。親子重はまとまった固形物が鳥だけなので、ちょっと食べづらく、上品にならざるを得ないのです。10分ほど掛けて平らげ、今日も大満足で店を後にしました。次回はいよいよ天丼、上天丼の順となります。
出掛けに他の人のオーダーを垣間見ると、カレー南蕎麦が圧倒的に多かったです。特に若い女性には人気のようでした。23,24の日、代休はまつやお休みです。柚子きりの案内は特に未だ出ていませんでした。
by nakayanh | 2007-12-18 22:46 | 蕎麦