カテゴリ:京都&蕎麦( 2 )

12月20日~22日に京都に行ってきました。今年最後の京都訪問です。
主目的は21日の指導教授との打合せというか研究の進捗状況報告
ですが、取り敢えずは蕎麦屋へ。

20日昼過ぎに京都に着き、ホテルにチェックイン後二条通東洞院の
「とおる蕎麦」へ。初めてです。午後1時半にも拘わらず二組待ち。
それもその筈で、店内はカウンターだけの7人掛け、ご主人一人で営業。
店内の待ち客用椅子で少し待ってカウンターへ。ビール小と鰊煮を頼み
暫く待ちます。主人一人が段取り良く仕事を進めるので、待つのもあまり
苦になりません。酒は「大虎」というのを頼みました。素っ気ないほどの
超辛口ですが、ネーミングが素晴らしいですね。蕎麦はやまかけの
中盛り。ぶっかけ風でとろろの上に生卵。蕎麦も旨く蕎麦湯で割った汁も
旨い。40代と思しきご主人がてんてこ舞いで働いていますが、忙しい
中でも笑顔で注文を受け、客の問いにはきちんと答えるなど、人柄の
良さが窺えます。蕎麦の実を入れ込んだ自家製のチョコレートも販売
しており、買って帰りました。ちょっとしゃれたお土産になります。

私以外は殆ど常連客の様でした。客が私一人になったところで少し
ご主人に話を聴きました。晦日蕎麦の予約注文で忙しく、店は27日
までとのこと。この地で営業をして12年目だそうで、すっかり土地に
馴染み、固定客が付いているようです。営業は昼間だけで、夜は日本酒
好きのイスラエル人が、同じ場所でバーをやっているそうで、蕎麦屋で
出す酒もそのイスラエル人が買い付けたものだそうです。ウイークデイの
昼下がりに軽く飲みに来たくなる良い蕎麦屋です。
[PR]
大層な題名ですね。勿論中身はいつも通りで大したことありません。

11月中旬京都等に行っていました。蕎麦屋にも何箇所か行ったのでそれについて。

五条烏丸「蕎麦の実よしむら」。嵐山にも姉妹店がありますが、そちらの方が古いです。
五条店には数年前開店直後に行きましたが、ハードだけ良くてソフトが全然駄目でした。
今回昼に行ってみましたが、大分印象が異なりました。何というかラーメン屋にはあまり
行かないので間違っているかも知れませんが、チェーン店のつけ麺屋の蕎麦屋版という
印象でした。若いお兄ちゃん達が威勢良い掛け声と共に注文をこなしています。
まあ、それはそれでテキパキと悪くはないけれど、客も流れ作業の一部という印象で、
私の好きな蕎麦屋酒の空間とは異なりました。つけ麺屋よりはずっとスペースもゆったり、
よくやっている感はあります。

北山「じん六」。京都で今や押しも押されもせぬ一流店。去年蕎麦屋は「にこら」だけだった
ミシュランに今年は5,6カ店入りましたが、その内の一つです。1年以上前と同じなのに
今年初めて掲載されたということは、昨年はきちんと全部調べてなかったということでしょう。
ミシュランといってもその程度で、まあ数多くある参考グルメ本の一つに過ぎません。
ここは夜はやっていませんが、昼の酒好きへの対応は申し分ありません。蕎麦だけ注文の
先客を尻目に酒と摘みで良い気分です。酒肴は実に良いタイミングで持ってきてくれます。
混雑しているので蕎麦を少し早めに注文しましたが、そんな心配は全く不要でした。
惜しむらくはミシュランに出て忙し過ぎるのか、蕎麦の切りがやや甘かったことですが、
勿論私の様な酔っ払いにはどうということはありません。素晴らしいお店だと思います。

四条麩屋町上ルの「権太呂」。入口が如何にも老舗で風情満点。店内も応対もまったりと
良い感じです。今回は京都の友人と「うどんすき」を頂きましたが、静かで落ち着いた
雰囲気の中で饂飩の鍋を肴に酒を飲むのは、酒好きには堪らない至福のひと時です。

日本に京都があり、蕎麦と日本酒があって本当に良かったと思います。
[PR]