綾瀬「重吉」

木曜の会社帰りに立ち寄りました。三回目かな。

当初なかなか見つけられなかったお店ですが、何故こんな店が判らなかったのだろうと言うほど駅の近くです。

7時前入店、先客は2組。3人組とカウンターに女性一人。私はテーブル席に着きビール中、一之蔵、卵焼き、わさび芋、田舎。卵焼きは大きくてふっくらの美味しい出汁巻きです。総じて値段がリーズナブル。田舎はせいろより高いですが、強烈な荒挽きで目も口も楽しめます。

帰る頃には満員、目立たないお店ですが客はしっかり根付いている様です。残念なのは、愛想の良い花番の奥様が、注文の品を運ぶ時以外奥に入ってしまうことで、ちょっと注文がしづらい点でしょうか。大声で呼ぶのは無粋で避けたいところで、他の客の品を運ぶ時を狙って声を掛けるしかなく、ちょっとかったるく感じます。この点は湯津上屋やよし房凛の女将は見事だと思います。

今日は立ち寄りませんでしたが、隣のインテリア小物店も洒落ていて楽しめます。
「重吉」は私にとって帰宅途上の丁度中間地点で、駅からも近く、一息入れていくには有り難いお店です。
[PR]
by nakayanh | 2008-05-30 01:14 | 蕎麦