京奈駆け足紀行(2)

翌朝は快晴で汗ばむ気候の中、バスで東大寺へ。大仏様を拝んだ後坂道を登って二月堂。ここからの景色は奈良を眺望出来て素晴らしく、日陰は心地良いです。風情のある無料休憩所でお茶を飲んで一服。回廊を下って三月堂の優美な建物を横目に見ながら下ると、途中に手向山八幡宮があります。菅原道真が「この度は幣も取りあえず手向山紅葉の錦神のまにまに」と読んだ縁の場所とこの日初めて知りました。

バスで興福寺へ行き、国宝館見学。有名な国宝の阿修羅像、金剛力士像の他、大好きな天灯鬼・竜灯鬼像等に再会しました。

そこから暫く歩いて三条通の蕎麦屋「かえる庵」へ。初めてです。先客は二組。15人位入れるこじんまりしたお店で、中年のご夫婦がやっています。ビール中、奈良の地酒、冷奴。卵焼き、板わさ等。蕎麦はもりと大もりのみ。分厚い瓦のようなものに蕎麦は盛られてきます。蕎麦もまずまず旨いです。ゆっくり寛いでから、奈良を後にし、練習に向いました。
[PR]
by nakayanh | 2008-05-22 00:06 | 蕎麦