連休初日

世間の認識は大型連休の真ん中のようですが、カレンダー通りのサラリーマンにとっては、4連休の初日に過ぎません。それはそれで有り難い事で、取り敢えず今日は天気も悪いし、一人気ままに使うことを家人にお許し願い、朝から出掛けました。

銀座教文館でじっくり一時間、ここは銀座関係、芸能関係の本が揃っていて楽しめます。店内が蒸し暑くてちょっと困りましたが。「源氏物語の京都案内」文春文庫他数冊購入。

続いて数軒隣の山野楽器散策。管楽器やギターを眺めているだけで、1時間やそこらは直ぐに経ちます。佐渡裕指揮の吹奏楽によるディズニー音楽のCDと楽器手入れの小物を購入。

地下鉄で神保町へ行き、古書店を見ながら三省堂へ。二時間近く掛けて各階をじっくり。アマゾンで頼むのも無駄がなくて良いですが、本屋をぶらつく無駄が何とも贅沢で幸せです。教文館で買おうかどうか少し迷った吉右衛門の本が、三省堂の「自由価格本コーナー」で半額で売っていて、思わずガッツポーズ。このコーナーは割と最近出来たと思いますが、なかなか見逃せません。その他平岡正明の落語本大著等を購入。

遅めの昼は、「松翁」が休みなので、「満留賀 静邨」で昼蕎麦屋酒。雨はようやく上がりました。鴨の煮凝りとアサリの旨煮を頼みましたが、「今日は土曜なのでないんです」と花番のおばちゃん。このあたりの雑さがこの店の惜しいところですが、気を取り直して卵焼きと鴨の山椒焼きを注文。ビール中、酒常温。卵焼きは小海老が入っていて美味しかったです。途中ご主人らしき人が「箸休めに」と漬物の小皿を下さいました。ちょっとした気遣いが嬉しいなあ。仕上げに納豆蕎麦を頂きました。ぶっかけではなく汁に納豆を入れてせいろの蕎麦を頂きました。

酔い覚ましに近くのスタバで買った本を暫く斜め読み。サザエさんの著者長谷川町子の妹さん長谷川洋子さんの「サザエさんの東京物語」が面白く、帰りの電車でもずっと読んでいました。

帰り着いたらもう夕方、天気も良くなり充実の一日でした。
[PR]
by nakayanh | 2008-05-03 23:02 | つれづれ