根津「よし房凛」

日曜昼に行きました。三週間振り位でしょうか。最近銀座の「泰明庵」に行く比率が多くて、まつや、よし房が割を食っています。

昼11時30近くに根津駅到着、人通りが異様に多く不吉な予感。案の定根津神社のつつじ祭でした。急ぎ足でよし房へ。お店はとっくに開いていた様で、ほぼ満員、でも何とか中央4人掛けのテーブルに座れました。でも「つつじ祭限定メニュー」がテーブルに置いてあります。再度不吉な予感、酒は飲めるのか?摘みはあるのか?でも心優しい女将さんが「大丈夫です、肴はこれしか出来ないんですけど。」と肴のメニューを見せてくれました。確かに、板わさや蕎麦味噌など簡単なもののみ、でも十分です。日経を読みながら、生ビール、一之蔵、じゃこおろし、板わさ。途中でつつじ見物のおばちゃん二人相席。相席は良いんだけどもう少し静かだと嬉しいです。

お店は待ち客もいて常時満員状態。ご主人自ら蕎麦も運び、珍しく蕎麦打ち姿も拝見できました。限定メニューのため、いつもの「刻み蕎麦」がないので、「揚げ餅おろし」温蕎麦注文。初めてでしたが、これも美味しいなあ。揚げ餅二つとたっぷりの辛味大根おろし、かつお節、細葱のみじん切り、海苔、やや薄めの旨い汁、せいろより少し太めの腰のある蕎麦。この店は一品一品本当に良く考えて、丁寧に作っています。

女将さんは酒や摘みを運ぶたびに「混んでて済みませんね」と気遣ってくださいます。こんな忙しい日にやってきて、のんびり酒を飲んでいる私こそご迷惑を掛けているのですが。相席も入れ替わり、少し落ち着いたところでお勘定をして店を出ました。あー美味しかった。
[PR]
by nakayanh | 2008-04-21 01:36 | 蕎麦