初心を忘れたなでしこジャパン

昨夜の南ア戦を遅くまで見ましたが、本当に失望しました。

決勝トーナメント進出が既に決定したとあって、控えのメンバーも使って
慣らしておきたいとの理由から、先発メンバー7人を入れ替えたのは
まだ理解できます。しかしその控え組があまりにもお粗末でした。必死に
なって得点し、レギュラーを見返さなくてはならないのに、全く悠長な
横綱相撲であきれました。レギュラーとの差は歴然です。控え組でよく
やっていたのは岩淵位でした。安藤なんてストライカーとは言えません。

しかしどうも佐々木監督も「無理して勝たなくて良い」と言う方針だった
ようで、特にスウェーデンがカナダと引き分けてからは露骨に攻めなく
なりただボールを回すだけ。会場に来てくれたファンや、日本で遅くまで
応援したファンは良い面の皮です。勝つ気のない消化試合をそうとは
知らず応援させられたのですから。しかも試合後のコメントが「引分けて
2位になった方が次がやり易い。」とは何たる言い草でしょう。勿論移動が
ないとの物理的な利点もあるでしょうが、フランスとやるよりブラジルの
方が楽とは、ブラジルにも失礼です。ブラジルの監督はこのコメントを
自軍選手への発奮材料に使い、必勝の気合で向かって来るに違いあり
ません。勝負事で相手チームを甘く見ることがどれ程危険なことかは、
幾らでも先例があります。ましてサッカーはラグビーやバスケットと
違い、実力差が勝敗や得点差に現れにくいスポーツの代表です。だから
こそワールドカップで勝てたのではなかったでしょうか。

結局予選3試合でなでしこジャパンは僅か1点のみ。得点力の無さは
解消されないまま決勝トーナメントに進みます。日本からの応援も多分
少なくなるでしょう。少なくとも私はこれまでのようには純粋な気持ちで
なく、幾分冷めた目で見るしかないでしょう。それにしてもなでしこは
ワールドカップに勝っただけで一流になったと勘違いしているのでは
ないでしょうか。アホなバラエティ番組や安易なCMに出て金が入った
ことで、以前の純粋なサッカーへの取り組みを忘れてしまったようです。
げに金の恐ろしさと言うべきでしょうか。メダルは取れても銅止まり、
決勝トーナメント初戦で負ける可能性が一番高いと思います。
by nakayanh | 2012-08-01 15:43 | スポーツ