六大学野球観戦

神宮の東京六大学野球を観戦して来ました。この春のシーズン初めてです。
節電の為ナイターにずれ込まない様、第一試合開始が1時間早まり10時からとなったことや、
斎藤祐ちゃんが卒業したこと、地震後の自粛ムード等で客の入りは悪いかと思いましたが、
外苑前を降りると結構な人の波。早朝から良好な客の入りでした。内野席1,100円で2試合
楽しめるのですから、安くて健全な娯楽です。昨日雨だったので今日が1回戦、天気も良く
爽やか、午後は日差しが強く暑い位でした。

第一試合は法政:慶應。慶應は竹内、福谷の3年生投手リレーで法政を完封、3:0で慶應勝利。
竹内はボールが先行して見ていて疲れましたが、何とか抑えました。福谷が2回をぴしゃりと
危なげなく抑えて逃げ切りました。慶應の攻撃はタイムリーが出ず、非効率な攻めでしたが、
法政の拙攻に救われました。

第二試合は明治:早稲田。早稲田は広陵高校出身1年の大型投手有原が先発、150Kの剛速球
でしたが、コントロールが悪く四球で自滅。4:2で明治の勝利でした。

夜はテレビで斎藤祐ちゃんの日ハム:楽天を観ましたが、楽天の雑な作戦に救われ祐ちゃんが
辛うじて勝利投手になりました。楽天が正捕手の嶋を先発で外したのも判らないし、先発の
2年目投手を2回2失点で降ろしたのも理解出来ません。あそこで替えられては折角の成長の
機会を損なう様に思いました。
[PR]
by nakayanh | 2011-04-24 23:56 | スポーツ