結婚式ラッシュ

先週の日曜日、姪っ子の女性の結婚式が六本木のホテルでありました。
六本木なんて殆ど足を踏み入れたことがないので、ホテルにたどり着くのに
かなり苦労しました。

今度の土曜日は娘の結婚式、といっても既に入籍はしているのですが。
場所は早稲田のホテルです。花嫁の父という訳ですが、とても自分が
泣くとは思えません。それどころか、これで完全に親の義務を果たす訳で、
やれやれというか安堵感で一杯です。空いた娘の部屋に本棚などを並べて、
本も整理できるので嬉しい面もあります。娘の部屋をそのままにして、
いつでも戻って来いなんて甘い事は勿論言いません。
自分で選んだ相手ですから、何があっても頑張って欲しいものです。
退路を断たなければ何事も思い切り出来ませんしね。

若い頃は友人の結婚式に行くことが多く、その後は会社の部下の
結婚式が多かったですが、それもとうに一巡。このところは親族の関係が
中心でしたが、それもこれで暫くなさそうです。親族はスピーチも無く
ただ料理を食っていれば良いので気楽ではあります。

以前は最後に結婚する二人が両家の母親に花束を渡すのが一般的でしたが、
最近は生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみを渡すのが流行のようですね。
新郎の父に代わって新郎が挨拶することも多いようです。仲人という言葉は
殆ど死語となっていますし、披露宴より二次会に力を入れるカップルも多いようで、
30年の間にも色々スタイルは変わって行くものです。
[PR]
by nakayanh | 2009-05-20 00:18 | つれづれ