WBC準決勝日米戦

昼休みにワンセグで8,9回を少し見ましたが、8回裏の日本の追加点が良かったですね。
テレビのサンデーモーニングで張本さんが「大リーグの野球はもはや大したことない。」
といつも豪語していて、皆半信半疑というか、殆ど小ばかにしている雰囲気でしたが、
ある程度証明された感があります。勿論大リーグがベストメンバーで臨めばとても敵わないでしょうが、
日本のベストメンバーがアメリカの単独球団やそこそこの選抜チームとやれば、十分勝負になる、
というか日本の方が強そうです。ボクシングやアメフットなど、直接体をぶつける格闘技だととても
相手になりませんが、そうではない野球のようなゲームだと、日本のきめ細かさや組織力が
十分に生きてきます。それに、そもそも大リーグのベストメンバーにはイチローや松井やゴジラ等
外国籍の選手が大勢含まれるので、大リーグイコールアメリカではないのですが。

今回のアメリカの準決勝敗退は、何となく最近の金融資本主義の崩壊によるアメリカの国力低下を
象徴するような気もします。
[PR]
by nakayanh | 2009-03-24 00:28 | スポーツ