「よし房凛」京都検定クラブ蕎麦会

金曜夜、会社で隠密に作っている京都検定クラブの春の懇親会を根津の「よし房凛」で行いました。
参加者は正会員の4人。正会員はその4人だけ、他に準会員が2名います。

いつもは長老で第一回京検2級合格の事務局長馴染みの四谷のスナック
(事務局長はそのスナックの名誉顧問です)で会合(京都検定対策検討、
反省会、祝賀会等、常にカラオケつき)を開くのですが、今回は副会長が
ご主人の転勤で急遽九州に行かれることになったため、送別会を兼ねて
会長の私が主催、馴染みの「よし房凛」さんで開かせていただきました。

6:30入店、予約しておいたので右奥の四人掛けに落ち着きました。
ビールで乾杯の後日本酒の開運、清泉。事務局長と上席副会長(3級合格者)は
途中から烏龍茶です。肴は卵焼き、がんも、鴨焼き、蕎麦刺し身。お通しは洒落た
ものを2品用意して下さいました。いつもながら心遣いが嬉しいです。

他のメンバーは京都出身で京都には詳しいですが、蕎麦は素人です。よし房さんの丁寧で
心の篭った料理に皆さん感心し、喜んで下さいました。

最後の蕎麦は私の勧めで全員刻み蕎麦。これも十分喜んで頂けたようです。
九州へはご主人一人単身で行かせろ、と皆で大分副会長にプレッシャーを掛けましたが、
翻意はならず、9時過ぎ散会としました。
[PR]
by nakayanh | 2009-03-15 10:12 | 蕎麦