堂目卓生「アダム・スミス」

「アダム・スミス」は中公新書刊で昨年サントリー学芸賞を受けた本だそうです。アダムスミスの唯二つの著書「道徳感情論」と「国富論」を判りやすく解説してくれています。
アダムスミスというと「見えざる手」が有名というか、一人歩きしていて、市場は参加者に任せて自由に競争させておけば、「見えざる手」によって必ず良い方向に収束する、という市場原理主義の生みの親のように思いがちですが、アダムスミスの考えはそんなことではなかったということを説明するのがこの著作の目的といえましょう。その正しい理解のためには「国富論」だけを読んでは駄目で、その17年前に書かれた、「道徳感情論」も読む必要があるそうです。
「道徳感情論」でスミスは社会秩序を導く人間の本性を明らかにしようとします。社会秩序は人間がそれを意図しないにも拘らず、人間の諸感情の作用によって形成される。しかし人間の中にある「弱さ」のため完全な秩序は実現しない、と社会秩序を捉えています。その「弱さ」を持った弱い人がより多くの富を得、幸福になろうと野心を持つ結果、経済が発展し社会が文明化される。しかし野心を持って競争する際にはフェア・プレイのルールに則ってなされなければならない、というのがスミスの考えです。
その考察の上に立って書かれたのが「国富論」で、そこでは社会の秩序と繁栄について、分業と資本蓄積によって生産性を高め、豊かさを増進する仕組みを考察しています。さらに当時の重商主義やイギリスの植民地政策における政策の誤りを厳しく批判しています。
この新書一冊でアダムスミスが理解できたとは到底思えませんが、それでもスミスの精神性の高さは良く判りました。例えば次のような言葉です。「不幸な結末を迎えた人々の行動が、いかなるものであったかを注意深く考察すると、圧倒的大部分の人々の不幸は、いつ彼らが良い状態にあったのか、いつ彼らが静座し満足しているべきであったかを、彼らが知らなかったことから生じたものだということを知るだろう」
[PR]
by nakayanh | 2009-03-04 00:28 | 読書