二月大歌舞伎

今月は昼の部に玉三郎、菊之助の二人道成寺、夜の部に吉右衛門、菊五郎の勧進帳と、
流石に歌舞伎座さよなら公演だけあって、豪華役者による超人気の出し物が並んでいます。

歌舞伎会インターネットで申し込みましたが、ひどい席しかなかった為、今朝早く
当日券を求めて歌舞伎座前に並びました。着いたのは8時15分頃。誰も並んでおらず
不安且つ寒かったですが、8時半過ぎると人が並び始め、係員も出て来て当日券客用の
長椅子を並べてくれました。これで一安心でしたが、10時の当日券発売までの長かったこと。
漸く10時になり、発売開始、待った甲斐あって昼の部で前から4番目通路側の良い席が
取れました。玉菊の道成寺は絶対に前の方で観るのが良く、又歌舞伎座の座席は狭いので、
通路側でないと休憩時間に自由に動けないのです。通路側の人は他の人のことを考えて
休憩時間には直ぐに席を立ってくれると有り難いのですが、なかなかそういう気の利く人は
少ないです。

最初の出し物は菅原伝授手習鑑。染五郎の松王丸、松緑の梅王丸、橋之助の桜丸が
生きが良く楽しめました。終わって昼食休憩に立った時、少し後ろに女優の寺島しのぶさんが
ご主人らしき外国人の方といるのを発見。小粋な着物姿で、何という洒落た人だろうと
見とれたら寺島さんでした。やはり一般人とはオーラが違います。菊五郎、菊之助が
出ているから観に来られたのでしょう。

二つ目はお目当ての二人道成寺。これ程艶やかで美しい舞台芸術を他に知りません。
情念のこもった悠揚迫らぬ草書体の玉三郎と、端正な動きで瑞々しい楷書体の菊之助。
うっとり見とれて、拍手する手が固まってしまうほどです。勧進帳もそうですが、
バックの長唄社中の見事さ、豪華さは日本の音楽文化の粋とも言えます。残念なのは
三味線の一番良い聴かせどころで拍手する人が多いのです。あれは勿体無いとしか
言い様がありません。

最後の演目は落語で御馴染みの文七元結(モトユイでしか正しい漢字に変換できないのが
悲しいです)。鯔背で洒脱な菊五郎の長兵衛、可愛く色っぽい時蔵の女房お兼、
一途な若者がぴったりの菊之助の手代文七、芝翫の演じる吉原大店の女房も流石だし、
他にも三津五郎や左團次、吉右衛門と豪華なこと。判っていて泣かせられます。

舞台が跳ねてロビーでは菊五郎夫人の寺島純子、しのぶの親子ツーショットも見られ、
何とも目の保養になる半日でした。
[PR]
by nakayanh | 2009-02-07 23:18 | 歌舞伎