年越し蕎麦

例年通り室町砂場に行ってきました。

9時前自宅出発、10時着。5人目、一番前は二人連れですから四組目です。今までで一番前に並んだように思います。ところが、11:30の開店時には何と17人目になるんですねえ。1組目が4人、2組目が11人!、3組目が4人に膨れ上がっていました。

仲間のうち遅れてきた人が一人二人加わるのならまあ許せますが、一人が早くに並んで11時頃に一族郎党10人近く加わるというのは、一体どういう神経をした一家なんでしょうか。信じられません。その家族の中で最初から並んでいたおばさんが又良く喋る人で、知らない人にまでのべつ喋りまくっていました。何でも砂場と同じ町内会で、ここでしか年越し蕎麦を食べたことがないとか。江戸っ子の風上にも置けない御仁です。やることが粋じゃありません。そのくせ花巻蕎麦も知らないし、室町砂場では最近鳥わさがメニューから無くなった事もご存じない。

11:30気を取り直しつつ入店。ビール中、燗酒、焼き鳥、あさり、天もり。最近入ったらしい花番さんが張り切って立ち働いていました。

12:30に店を出て、森八で年賀のお菓子を買い、少し歩いて神田まつやで家族用の年越し蕎麦を受け取り、三省堂をじっくり見て周り、本を少し買って帰途に着きました。途中北千住で少し買い物、自宅近くの酒屋で正月用に獺祭四合瓶やエビスビールを買って帰りました。

今年一年愚痴っぽいこのブログをご愛読頂き有難うございました。どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]
by nakayanh | 2008-12-31 19:21 | 蕎麦