毎日よく降りますね。これほど降るのは66年の人生でも初めてのような気がします。先週も平日殆ど雨だったと記憶します。我が松戸市でも一部で避難勧告が出たようです。私も昨日からずっと江戸川の推移をチェックしていました。漸く雨は止みましたが、水位はまだ上がっています。午後8時現在5.25Mと氾濫注意基準の5.7Mに近づいており、楽観は許されません。我が家はマンションの2階で江戸川からもそこそこ離れていますので、特に動きようはないですが。

お蔭でここ二三日読書三昧です。芥川賞のもう一つの作品、羽田圭介の「スクラップアンドビルト」を読み終え、今は友人に勧められたT.セドラチェク「善と悪の経済学」と足立巻一「やちまた」を読んでいます。新しい月刊文春も届きましたから、読む物には事欠きません。

羽田氏の作品はまあまあ読ませますが、主人公の心根が今一つ良く判らず、あまり溶け込めません。主人公の立場と考え方のギャップにも違和感があります。若い人の老人や介護への考え方はこんなものなんでしょうか。熱心な介護は却って年寄りの体力や気力を損なう、という考えだと、多少虐待気味の扱いの方が良いような錯覚に陥ります。私もこの一年、必要に迫られ介護の現場を見てきましたが、介護士の方々は主人公が思うより遥かに真面目にやっています。それは、単に親切で至れり尽くせりなのではなく、被介護者を自立させるため、心鬼にして?手助けせず見守るだけというケースも多いです。主人公に言わせれば、老人を老い込ませず、弱者を鍛えるため為、敢えて電車の優先席に率先して座るのでしょう。私には自己正当化が得意な自己中の人の考え方としか思えません。何となくどこかの首相も似ているように思います。

「善と悪の・・」は高校の同期会で友人が進めてくれた本です。最近はめったに読む機会のない経済書なので遅々として進みませんが、人間を生産要素の一つとしてのみ考える最近の経済学に疑問を感じていた身には、興味深い内容です。

「やちまた」は本居宣長の嫡子春庭(はるにわ)の伝記。私が三重の松阪出身であるのを知っている友人が勧めてくれました。30代で盲目となった春庭ですが、刻苦勉励して日本語の文法を研究し、活用を纏め上げた人です。父宣長と比べ全く無名ながら、その業績は勝るとも劣らない様で、ちょっと伊藤仁斎の嫡男で大学者の東涯と似ている感もあります。
[PR]
# by nakayanh | 2015-09-10 20:59 | つれづれ
立秋を過ぎ、関東は漸く猛暑日から少し解放されましたが、それでもまだ暑く、略一日中エアコンのお世話になっています。
7/20から2週間、娘が孫3人を連れて大阪から里帰り、家内に代わって料理と買い出し担当の私は大活躍の日々でした。孫の相手に疲れたのか、家内は途中から体調を崩し、診察の結果気管支肺炎と診断されて、大事を取って入院、結局12日後の8/6にやっと退院できました。その疲れで私まで珍しく胃腸炎となり、丸3日間下痢状態で、うどんばかりの毎日でした。孫と会えるのは嬉しく楽しいのですが、体力的にはなかなかきつくて、歳を痛感します。
先週末から漸く平穏な通常の日々です。毎日高校野球を見ています。ひたむきさやきびきびとしたスピード感は見ていて気持ちよく、たまにプロ野球を見ても、冗長でとても長時間は耐えられません。秋田商業対佐賀・龍谷の試合が素晴らしかったです。両チームとも小柄な左投げの投手ですが、どちらも小気味いいピッチングでした。特に秋田商の成田投手は顔付もイケメンの上に精悍で、三振の山を築き、嘗てのハンカチ王子の様な爽やかさです。ユニフォームも早稲田によく似ています。
世の中は相変わらず不穏な動きで、原発が再稼働し、安保法制案も参議院に回って成立してしまうかも知れません。オリンピックなど、元々日本でやる必要もなかったもので、色々ケチがつくのもやむを得ないことでしょう。日本人と言うのは良い面もあるのでしょうが、政治的には未熟で、過去に失敗を教訓として生かすことの出来ない、悲しい国民だという気がしてなりません。首相や政府のお粗末さも元はと言えば国民が選んだものですから、天に向かって吐いた唾が我が身に戻ってきているだけかも知れません。次の選挙で少しでも修正するしかありませんが、何しろ日本人は『のど元過ぎれば』の国民ですから・・・。
[PR]
# by nakayanh | 2015-08-12 10:01 | つれづれ
今年は如何にも梅雨らしくよく降りますね。7時近くまで寝坊してしまいました。昨日「Music Day」という日テレの番組の後半をかなり見て疲れたからでしょうか。まあ、最近の歌には殆ど付いていけません。素人とはいえ多少楽器もこなす素人ミュージシャンだと自負していますが、最近の曲はとても覚えられないし、覚えようという気も起りません。若い人達は本当に楽しめているのか不思議です。

女子サッカーW杯は良く決勝まで来たものと感心します。精々ベスト4だと思っていました。フォワードの大儀見、大野が全くと言っていいほど得点力がない(シュートが殆ど枠の中に行かない)し、岩淵は確かにドリブルは上手いけど、準々決勝辺りではゴールの前でもドリブルしていて、それが目的になってしまっている印象でした。それでもすべて1点差で勝ち上がってきたのは、余程モチベーションが高いのか、監督の掌握力が強いのか、いずれにせよ侍ジャパンとは格が違うと言わざるを得ません。

安保法案の成り行きには懸念しています。安倍内閣の横柄さは恐るべきもので、こんな人たちにとても国を任せられない思いです。今国会での成立は何としても避けるべきで、やるなら憲法改定しかないと思います。

ギリシャの国民投票の結果も気になります。文字通りギリギリの選択です。否決されたらどうなるのか、無責任な興味本位では、否決後の成り行きを見てみたいです。ユーロ圏から離脱するのか、そもそも国力も国民の意識も異なる国々が通貨財政まで一体運営することに無理があったようにも思いますし・・。

プロ野球セリーグは全くお粗末で、このままでは日本シリーズの意味が無くなります。負け越しているチームはセカンドステージに進めないようにすべきです。
[PR]
# by nakayanh | 2015-07-05 11:44 | つれづれ
まだ六月なのに毎日暑いですね。そろそろ梅雨入りしそうだし、汗かきの私にはしばらくつらい季節です。
家内のリハビリはまあまあ順調、私の主夫振りも板についてきました。昨日は豚の角煮と蕪の煮物、今日はかぼちゃの煮物を作りました。京都菊乃井の村田吉弘さんのレシピだから、簡単にして味は確かです。最近のテレビでは、お笑いよりバラエティより、勿論総選挙より、料理番組が一番実質的で楽しめます。先日はNHKの料理番組で昔の番組をアーカイブしていましたが、帝国ホテルの村上さんのトンカツが実に面白かったです。助手も付けず流れるような話し振りと手捌きは、名人の落語を鑑賞している気分です。一芸に秀でた人はやはり違いますね。

最近の読書では、「知の巨人、荻生徂徠伝」佐藤雅美著、を読みました。孔子以前の先王の道を説き、返り点なしの白文で漢文を読み下した徂徠の凄さが良く描かれていますが、人間的にはやはり伊藤仁斎の方が遥かに上、という感がしました。仁斎を中心に勉強している私の贔屓目かも知れませんが・・。

友人に勧められて深澤七郎の「楢山節考」その他、椎名麟三の短編幾つかを読みました。まあどれも素晴らしいとは思いますが、漱石の時のような感激には至りませんでした。今は別の友人に勧められた富士川英郎の随筆集を読んでいます。ドイツ文学者で清廉な方のようですが、私にはややスノッブな感もないではありません。でも信頼できる友人に勧められて、知らなかった人の本を読むというのは、自分だけでは見つけられない新たな知識が加わるので、有難いことだと思います。

先日上野の鳥獣戯画展に行きましたが、平日午後と言うのに入場まで50分待ち、中で150分待ちというので諦めました。そんなに人気があるのか?!私には芸大美術館でやっているヘレン・シャルフベック展の方が余程興味があります。先日日経の美術欄で紹介されていた画家ですが、是非観に行こうと思います。

数日前、テレビの美の巨人?という番組で宗達の舞楽図をやっていました。あの構図とデザインは天才としか思えない素晴らしさで、絵から音楽が聴こえると私も思います。テレビだから仕方ないのでしょうが、つまらない狂言回しは何とかならないものでしょうか。昨日?はゴッホの星月夜を北斎の絵を重ねてその共通性を論いていましたが、大して意味があるようには思えませんでした。浮世絵の影響は受けているのでしょうが、ゴッホの星月夜はそれだけでただただ素晴らしい、と思います。
[PR]
# by nakayanh | 2015-06-07 20:44 | つれづれ
家内がリハビリ病院を退院してから2か月余り経ちました。
最近の状況ですが、毎朝6時前後に起床、7時前後に朝食、12時頃昼食、6時夕食。食事の準備は私がやり、後片付けは家内です。一日おきに洗濯、干す準備や乾いたものを畳むのは女房、ベランダに干したり、取り込んだりは私の役割です。午前中家内は言語リハビリの為の課題に取り組み、私は読書。午後は一緒に散歩。と言っても、家内はあまり歩けないので、私が車椅子を押します。たまに家内の杖を持っていき、公園などで歩行訓練。3時におやつを食べ、4時半までのんびり。それから私は夕飯の支度をし、家内はCDを聴いています。週2,3回訪問看護の方が来てくれて各1時間リハビリ、私も大体付き合います。私が大阪の読書会に行くときは、家内は介護施設にショートステイ。というようなっ次第で、略自宅での生活パターンが確立してきました。数時間なら家内が留守番をしてくれますので、私は飲みにも行けるようになりました。あと何年続くか知りませんが、私が元気な間は大体このパターンが続くことでしょう。
[PR]
# by nakayanh | 2015-05-06 19:22 | つれづれ
前回近況をお伝えしてから半年以上経ってしまいました。この間私事に忙しく、気分的にも余裕がなくて、書き込む気力が湧きませんでした。ようやく少し落ち着いてきた次第です。

昨7/24に家内が脳出血発症、翌日手術、経過は良好でしたが、左脳からの出血の為右半身麻痺と言語障害があり、9/5にリハビリ専門病院に転院、法律で認められている限度略ギリギリの2/23に退院して7か月振りに家内が我が家に帰ってきました。

この間3日程見舞いに行けない日がありましたが、それ以外は毎日病院通い。12/15~2/9に自宅のマンションを一部リフォーム、和室と居間、玄関までの廊下を一体化して段差をなくし、トイレ、風呂、洗面所を使い易くするため全面改装しました。

一番大変だったのはリフォームの為の引っ越しです。サラリーマン時代は転勤族だった為、海外も含め10数回の引っ越しをしましたが、殆ど家内と運送業者任せでした。今回は一人で全部やったので疲れました。仮住まいは我が家の向かいのマンションで、数十メートルの引っ越しなのですが、手間は同じです。往きは段ボール80個余り、帰りは90個余りで、それぞれ詰めるのに1週間以上掛りました。リフォーム完成後2週間自宅を整え、家内の退院後は一緒に部屋を片付け、不要なものを大量に処分して、8割方落ち着いてきました。

家内はめでたく?、要介護3、肢体障害1級と認定され、先週から訪問看護が始まりました。車椅子は室内用、外出用の2台用意しましたが、家の中ではつたい歩きで結構歩いています。手術をした先生からは「杖を突いてでも歩ける確率は30%」と言われていたのですから、かなり良く回復したと言えましょう。外出時は今のところ私が車椅子を押して行きますが、その内杖を突いて外出する練習も必要です。私も大腿骨頭壊死と言う難病を抱えて杖を使用していますので、ダブル・ステッキの老々介護夫婦と言う次第です。

家内の言語障害の方は、聞いたことは略理解出来ますが、喋ることと読み書きはかなり不自由で、言いたいことが言えず、こちらも判らない為、お互いストレスを感じていらいらすることがあります。なるべくそのいらいらを募らせないよう、焦らず気長に対応していくしかありません。自分自身を成長させるチャンスでもあり、試練を与えられているようにも感じます。
[PR]
# by nakayanh | 2015-03-14 05:51 | つれづれ
前回の日記書き込みから1か月半とかなり日が開いてしまいました。理由説明も兼ね近況を報告致します。

7月24日に家内が脳出血で倒れ、緊急入院、翌日手術し現在も入院中です。当時丁度夏休みで、大阪にいる娘と孫が帰省しており、家内は孫の世話で大忙し。夕方4つになる上の孫とお風呂に入り、孫を風呂から出した後、自分も出ようとした時に倒れたものです。孫が「おばあちゃんがなかなか風呂から上がらない。」と娘に告げて事態が発覚、娘が救急車を呼んで病院に搬送された次第です。私はと言うと25日に大阪で定例の伊藤仁斎の読書会があり、それに合わせて24日の祇園祭後祭見物の為京都にいたのですが、娘からの連絡で直ぐに新幹線で東京に戻り、夜中に病院に駆け付けました。あれから一か月、忙しい日々でした。

家内は翌日手術、その後の経過はまずまず順調ですが、言語障害と右半身麻痺の後遺症は避けられず、自力で食べられるか、歩けるか、話せるかは今後のリハビリ次第です。私の子供達は二人とも家庭があり、仕事や子育てで忙しく、とても頼ることは出来ませんので、私が家内をサポートしつつ家事もこなしていくしかありません。家のことはこれまで家内に任せきりで、好き放題やってきましたから、その罪滅ぼしの意味も込めて、家内をしっかりサポートしていきたいと思います。

今は午前中掃除洗濯買い物etcの家事をこなし、午後病院に行って2~3時間過ごし、夕方自宅に戻って夕飯づくりという生活パターンです。リタイヤしてから家事も少しずつ手伝うようにしていたので、それ程戸惑いなく家事に取り組めています。料理も少しずつ覚えてきました。やってみると家事はどれも楽しいものです。何より目に見える形で結果が出るのが嬉しいし、アホな上司の横やりも入らないので遣り甲斐があります。

そんな慌ただしい中、私の本籍地三重松阪にある三重高が甲子園で準優勝しました!初戦の広陵戦を何とか逆転勝ちしてから、あれよあれよと言う間に決勝まで勝ち進み、昨日あの強豪校大阪桐蔭と対戦して3:4で惜敗しました。三重高は従兄弟が嘗て教頭先生をしていたこともあり、また娘の大学時代のクラブ(応援部ブラバン)の先輩が同校の先生をしていることもあり、何かと馴染みがあるので、テレビ観戦にも力が入りました。決勝戦は終盤まで押し気味で、勝てる試合だっただけに残念でもあります。ラッキーボーイの宇都宮君の時のスクイズや、終盤の頻繁な選手交代など、監督が5点取ることに拘って、動き過ぎたことで選手達の溌剌プレーが消えた感もあります。勿論決勝まで来れたのは新任の中村監督の手腕によるところが大きいのですが・・・。今井君や長野君等冷静で勝負強く、良い選手だと思います。何にしても目立たない県の一つである三重が、昨年の伊勢神宮式年遷宮に続いて注目されたのは嬉しいことです。
[PR]
# by nakayanh | 2014-08-26 05:24 | つれづれ
最近のニュースを見ているとつくづく日本が情けなく感じます。総理大臣や皇太子夫妻から、セクハラ議員・号泣議員、脱法ハーブ等々。セウォル号事件で韓国の「三流国」振りが話題になりましたが、日本の程度も全く変わらないように思えます。

原発再稼働には絶対反対ですが、今回の集団的自衛権もとても納得できるものではありません。戦争の恐ろしさをイメージ出来ないお坊ちゃま首相によって、とうとう日本は戦争への道を開いてしまいました。抑止力と言う便利な言葉を使って、どうとでも解釈できる「武力行使三要件」を閣議決定。公明党も最後は与党を降りるまでの決意はなく、残念な結末でした。「イラク戦争のようなものに巻き込まれることはない。」等と首相は言いますが、この人が平気で嘘を付くのはオリンピック招致活動での「汚染水完全コントロール」発言で周知の通りです。あるいはよく事態を理解できてないからかも知れませんが、勿論その方が悲劇です。個人的に出来ることは次の選挙で与党に投票しないことだけ、というのが情けないですが仕方ありません。いずれ日本は徴兵制にならざるを得ないでしょう。せめて徴兵や志願兵には年齢制限を設けないで、我々年寄りも志願できるようにすべきでしょう。我々の世代の政治家が決めたことですから。

セクハラ議員はとんでもないことで、一般企業なら懲戒解雇もの。それが都議会や国会でも平気で罷り通るのだから、これが三流国でなくて何でしょう。報道で気になるのは、「ヤジには良いヤジもある。」という前提で話していることで、これも私には信じられません。プロ野球の試合で入場料を払った観客が飛ばすヤジならそれも言えるでしょうが、国民や市民の代表が国や自治体の将来を決めるべき議会で、持ち時間の限られた質疑の最中に不規則発言など、許されて良い訳がありません。会社の重要な会議でヤジを飛ばす人がいますか?マンションの自治会でももっと真面目にやっています。都議は会派を離脱したのに、国会議員は幹事長が厳重注意しただけ、というのもおかしな話です。

皇太子夫妻の言動(最近は愛子様も)については、週刊文春で知る限り、あきれることが多過ぎます。最近では夫婦で1時限から5時限までずっと授業参観をされたとか。そんな暇があったらご高齢の両陛下に代わって少しでも公務を引き受けるべきではないかと思います。恥かしながら私は二人の子供の授業参観に行ったことがありません。そんなことで休める職場の雰囲気ではなかったし、女房の役割と思っていました。それでも何とか人並みに育ってくれました。今は受験でも入学式でも両親が付いて行く時代なので、皇太子夫妻の参観も当然なのかもしれませんが、皆さん丸一日居るものなのでしょうか。雅子様に関しては公務の時はすぐ体調が悪くなるのに、学校行事の時はそういうことがないのが不自然に思われてなりません。

兵庫県の号泣議員は話になりません。ちゃんと説明できなければ、議員辞職どころか犯罪ではないでしょうか。「維新」と名がついただけで投票した人も反省すべきでしょう。これは他山の石として私自身も投票時は心したいものです。
[PR]
# by nakayanh | 2014-07-10 01:08 | つれづれ
準決勝ブラジルの大敗には驚きました。朝5時半前に目覚め、テレビを付けたらブラジルサポーターの泣きそうな顔。2,3点先行されたのかと思ったら、既に4:0で直後に5点目が入りました。後半少しは反攻したものの、キーパーの攻守に阻まれ、1点返すのがやっと。最終的に7:1でドイツの圧勝、一流国のサッカーでもこんなことがあるんですね。ブラジルは数十年振りの歴史的大敗だそうです。それにしてもネイマールとキャプテンのチアゴシウバを欠いたブラジルは気の毒でした。累積反則の主将は兎も角、ネイマールは気の毒すぎます。審判が全体に反則に甘いとの批判がありますが同感です。厳しく反則を取ってPKを与えた開幕戦の日本の審判団が改めて評価されるでしょう。決勝でも起用されるかも知れません。

明日朝のオランダ対アルゼンチンは熱戦が期待できますが、どちらかと言えばアルゼンチンに勝ってもらって、欧州対南米の決勝が見たいところです。しかしオランダも見事な戦略で勝ち上がってきたので、どうなるかは神のみぞ知るです。準々決勝のPK戦には本当に驚きました。何とPK用のキーパーを準備していたとは!試合では圧倒的にオランダが押していましたが、PK戦になれば名キーパー・ナバスのいるコスタリカが有利と思っていましたが、見事に覆されました。この監督の発想力は見事というしかありません。

それにしても日本が出ていない決勝トーナメントはどの試合も純粋に面白い。どのチームも攻撃が早く、日本のようにパスが目的化しているようなチームはありません。ラグビーも同じでしょうが、ギリギリまで相手を引付けてからパスを出すから数的優位が生まれるのに、日本のパスは取られるのが怖いから早目にただ繋ぐだけ、だからボール支配率が高くても点数には何の関係もありません。いつになったら欧州や南米と対等な戦いが出来るようになるのでしょうか。

日ハムの大谷選手には参りました。投げても打っても一流。正に二刀流です。私もそうですが、野球評論家は全員大いに反省すべきだし、早々に名球会入りの条件を、例えば100勝&1,000安打等に改定すべきでしょう。
[PR]
# by nakayanh | 2014-07-10 00:14 | スポーツ
日本対コートジボワール戦をテレビ観戦。前半本田がゴールを決めた直後辺りまでは良い展開だったが、その後は防戦一方。後半の逆転は時間の問題だっただろう。体格・体力・スピード・決定力そして意欲、全てに相手が上回っていた。第一戦で勝ち点3を取らなければ、略決勝リーグ進出は無理だから、死に物狂いで戦わなければいけないのに、必死さがなかったように思う。1点リードすると妙に安心する悪い癖も相変わらず。私なりに考える敗因は、①大迫のワントップ起用、やはり経験豊かでゴールへの執念も強く、波に乗っている大久保の方が良かった。②長谷部の交替、キャプテンシーのある長谷部を何故替えたのか判らない。あまりスピードなくパスを出すだけの遠藤では、スピードのあるコートジボワールには通用しない。③背が高いだけで相手の動きを読めない吉田をバックスの要で使い続けたこと。今更伊野波に替えられないだろうけど、4年間の戦略上の失敗に思える。ギリシアにはまだ僅かながら勝てる可能性はあろうが、冷静には良くて引き分けか。コロンビアには到底敵わないだろう。格闘技に近いラグビーと違って、サッカーに番狂わせは起こり易いが、決定力・体力・守備力何れも見劣りする日本がコロンビアに勝てるとは思えない。マスコミも過度な期待を持たせ過ぎ。嘗ての大本営発表と本質は変わらない。勿論気楽で現実を直視しない日本人全体がいけないのだが。
[PR]
# by nakayanh | 2014-06-17 15:57 | スポーツ